いのちの軌跡

IMG_0488
元気に草をモグモグ。
ウシ化したジャスミンさんごきげんよう。笑

久しぶりに京都市動物園に行きました。


IMG_0454
朝、開園よりも少し遅く着いて、間に合わないかなぁと思いつつレッサーパンダ舎を覗きこむと…ウーロンくんが朝ごはんを食べていました!
リンゴ、ラスト一枚を食べていました。ギリギリセーフ(^_^;)
おとなりの古都ちゃんはとっくに食べ終わり、寝室に帰っておりました。アウト!笑

レッサーパンダたちが寝てしまったので、イベントへ…。

IMG_0457
この日はちょうど、ライオンのナイルさんの誕生日。飼育下最高齢を更新中であり、この日は25歳を迎えました。
お誕生日の特別ガイドがありましたので、最後までお話を聞かせていただきました。

IMG_0458
私が初めてナイルさんに会ったのは2013年、そのときは妻のクリスさんと一緒にいました。仲睦まじい夫婦で、いつ見ても一緒に寝転んでいたことを思い出します。
そのクリスさんも2017年にこの世を去り、ナイルさんはひとりに。群れで生きる動物が、伴侶に先立たれる辛さは…あまり想像したくありません。それでもナイルさんは、衰えを感じさせながらも毎日を力強く過ごし、25歳を迎えました。

飼育員さんは、ナイルさんの今後のケアについて悩みながら考えながら毎日を過ごしているようでした。
寒い外に出すのは身体の負担になるかもしれない、でもナイルさんは外に出たがっている、身体も衰え病気もある、でも天寿を全うしてもらいたい…物言わぬ動物と向き合い命のことを考えるのは、大変なことだと思います。私が意見を簡単に言えるようなことではないのでしょう。
何が彼にとって幸せなのか…どの選択肢が最良なのか。明確な答えはないのかもしれません。飼育員さんが今後どのようにナイルさんと向き合っていくのか、今後も見守っていきたいと思いました。


IMG_0483
お昼頃にレッサーパンダ舎に戻りました。
お昼ご飯を食べる古都ちゃんに会えました!良かった〜
美味しいお顔、ありがとう(^^)

IMG_0495
まだまだ寒い時期、食欲マシマシ。
ウーロンくん、ウシ化。

IMG_0480
お昼のリンゴとブドウも美味しいね(^^)

そして…

IMG_0485
リンゴを持った飼育員さんを追いかけて、ジャスミンが出てきました。一切れのリンゴをモグモグ。
どうやらウーロンくんと同居するようです。

IMG_0486
ですが、ウーロンとジャスミンは一切の無関心…そして、ウーロンを目で追い出してゆったり過ごすジャスミン(笑)
同居は短時間で終了。この次の日で今年の同居は終わったようです。

飼育員さんが同居中に観察していらしたので、お話を聞かせていただきました。

IMG_0487
動物園ホームページにある通り、ジャスミンは2018年6月に3回目の出産をしました。その子(オス1頭)を育てていましたが、首に裂傷が見つかり…治療のために取り上げられたものの、数日後に治療の甲斐なくその子は亡くなってしまいました。
飼育員さんにその時のことを詳しく教えてほしいと思い、お話を伺いました。

ジャスミンは、今回生まれた子のことを特に大事にしていたそうです。
グルーミングも多く、ひたすら子を舐め続けていたそうです。ですが、落ち着かないのか、夜に何度も子の首をくわえて歩き回っていたそうで、その首を何度も舐め続けていたことが原因で首に裂傷ができてしまったとのことでした。

最初の子育ても、双子の片方は亡くなり、ジャスミンも体調不良のため、残された片方の子(ムータン)は人工哺育となりました。その次の子育て(ロッポとプーアル)は元気に育ったものの、一度ジャスミンが体調を崩してしまったようです。

素人目の勝手な推測ですが…ジャスミンは母性が強い、かなり頑張り屋さんなお母さんなのだと思います。
子どものことが可愛くて、大事で、でも何かしら不安で、どうしたらいいかわからなくて…不安な気持ちで子育てを一生懸命頑張っていたのではないかと、想像しています。

自分も経験してみて初めてわかったのですが、産後の気持ちの落ち着かなさは異様でした。体調やホルモンバランスの影響のためそうなりやすいとのことですが、頭でわかっていても心をコントロールすることができない期間がありました。
子どもがとても可愛く見えると思ったら、全然可愛いと思えなくなったり、些細なことで傷ついて泣いてしまったり…ヒト以外の動物がどうなるのかはわかりませんが、ジャスミンがなかなか落ち着けない行動をとったのは…なんとなくわかるような気がします。

「母親は、70点ぐらいがちょうどいい」と、住んでる自治体の保健師さんに言われました。完璧なお母さんなんていない、子どもが元気なら大丈夫、頑張りすぎは良くないよ、という話でした。
ジャスミンと話ができたら、そんなことを言ってあげたいです。頑張りすぎないで、自分を追い詰めないで、子どものために自分を大事にして……擬人化して考えすぎ、ですかね。



IMG_0489
今年はウーロンとの交尾が2回確認されたそうです。
どのような結果になるかはわかりませんし、これまでのこともあるので不安もありますが、ジャスミンのことを変わらず見守っていきたいと思います。


ナイルさんのこと、ジャスミン親子のこと…命について考えることが多い日になりました。

ジャスミンが頑張っていたこと、亡くなった子も頑張っていたこと、私はずっと忘れないでいようと思います。

茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加

IMG_8212
チャオくーん(´∀`)

過去の記事になりますが…昨年の9月に茶臼山動物園の飼育体験に参加することができました!
ちなみにレッサーパンダ担当の班は外れました!笑
どの班でも良かったので、問題ないですけどね(^ ^)ふふふ

IMG_8188
私の担当は、小獣舎(タヌキ、アライグマ、ハクビシン、ビントロング、アナグマ)、ポニー、木曽馬、ツキノワグマ、ライチョウ、病院及びエサ作りでした。たぶん、1番盛りだくさんの班だったと思います。
ちなみに、感染症予防のため、小獣舎担当はバックヤードに入ったら、その日はレッサーパンダ舎のバックヤードに入るのは禁止になります( ;∀;)そうよね…そらそうよね…。

体験の参加者は各班2名、私と同じ班の方は動物大好きな素敵な方でした(^ ^)
この班は動物の種類がとにかく多いため、分かれて作業することに。好きな動物がいる方を選んでください、と飼育員さんに言われたのですが…同じ班の方と私、とても気があうようで、好きな動物が丸かぶり…(笑)午前午後で担当を入れ替えて作業することになりました。

IMG_8215
午前はまず、ウマとツキノワグマのお世話でした。
ポニー2頭、木曽馬1頭の合計3頭のウマが茶臼山にはいます。
…写真撮り忘れたんですよねぇ…( ;∀;)
ポニーは1番年上のエミちゃん、若い男の子のツッキーくん、木曽馬はとっても美形なさくらちゃん。
エミちゃんはなんというかお姉様という感じで…乗馬体験の時はとにかく褒めるとちょっと得意げになるとかなんとか(^ ^)
ツッキーくんはとにかく元気一杯で、女の人が大好きでした(笑)作業中によく覗きに来てくれました(笑)乗馬体験でも、楽しくなりすぎると元気が溢れ出てしまい、飼育員さんにたまに止められるそうです(´∀`)
さくらちゃんはエミちゃんと仲良しで、よく女子会をしてました(^ ^)それを離れて羨ましそうに見るツッキーくん…という図式がなんとも面白かったです。
ウマの方では、掃除、エサ出し、ブラッシング、乗馬体験の補助など一通りやらせていただきました。

ツキノワグマはテツくんとミヤちゃんの2頭(また写真が無いんですよ…)。
こちらでは獣舎にエサを出したのですが、エンリッチメントの一環で、竹筒フィーダーにエサを入れたり、獣舎内にエサをたくさん隠したりしました。
テツくんが竹筒フィーダーを水の中に入れて、水圧でエサを出しているのを見てビックリでした!

ウマとツキノワグマが終わったら、ライチョウを少し見学。デリケートな動物なので、お世話はできませんでした。
今、いろんな園でニホンライチョウの繁殖も取り組んでますが…なかなか難しいみたいですね。
茶臼山にいたのはスバールバルライチョウですが、飼育を通して、ニホンライチョウの繁殖に繋がっていくことを期待しています。

その後は動物病院(非公開)の掃除をし、エサ作りへ。
エサ作りは、担当動物だけでなく園内ほぼ全ての動物に関して行いました。必要量の果物や野菜などを用意して、それぞれの動物に合わせて切って、バケツまたはお皿に入れて…大量なので大変です。
チンパンジーのエサは個体ごとに内容が違っていて、面白いなぁと思いました。

レッサーパンダのエサも作れるのかな?とワクワクしていたのですが「レッサーパンダは、獣舎の冷蔵庫にエサが保管されてるので、こちらでは作らないんです」とのこと…。゚(゚´Д`゚)゚。
若干ショックを受けていたら、「でも、今日はそのレッサーパンダの冷蔵庫にリンゴを届ける日です。そのリンゴの選別ならできますよ、良かったらお願いします」とのお言葉…!僭越ながら、選別させていただきました(`_´)ゞ

IMG_8205
空いた時間にレッサーパンダ舎へ(´∀`*)
ネネちゃん💕💕
バックヤードはダメでしたが、普通の観覧通路はオッケーだったので一安心です(笑)

IMG_8206
室内はヒビカル兄弟とロンくんでした。
暇そうなロンくん(^^;)

IMG_8169
夕方は小獣舎でエサ出しの作業です。
午前中に作ったエサ(切った野菜や果物など)を用意し、ここにペレットなどを追加して各獣舎のバックヤードにお皿を置いて行きました。
閉園前なので、収容しつつ動物たちの様子も観察させていただきました。
上の写真はアライグマのアンナちゃんですが、ちょうど話題のカールくんもいました。もちろん、マンホールの中に(´∀`)
せっかくなので、マンホールの中から出て、もう一度中に入るところも見せていただいたり(笑)

IMG_8198
ビントロングのシュートくんにも、かなり近くで会えました!
でもこの日は警戒されてしまったのか、収容拒否(^_^;)
飼育員さんが写真のようにバナナで誘いますが、結局私がいる間はバックヤードに帰りませんでした。うーん、申し訳ないです(^_^;)

IMG_8195
作業が終わり、1人一種、好きな動物(動物園の方が用意してくださった中から)を選んで抱っこして記念撮影。
アルマジロちゃんを抱っこしました(´∀`)

IMG_8228
ヒビキくんまたね〜

なかなかガチの飼育体験で、学生の時の実習を思い出しました(^_^;)
帰ってから疲れてしばらく寝てしまったのも、学生の頃と同様でした(笑)

たった1日の飼育体験ではありましたが、普段飼育員さんがどれだけのことに目を向けて動いているのかがよくわかり、とても勉強になりました。
掃除中に部屋の様子を見て健康状態のチェックをし、ブラッシングや声をかけるなどしてコミュニケーションをとり、イベントでは動物だけでなくお客さんの様子も気にかけ動いて。もちろん、特別なことがなくても、空いた時間には動物の様子をしっかり観察したり、エサやりをしたそうなお子さんがいれば、声をかけてエサやりをさせてあげたり、動物園ファンぽいお客様と動物についてお話したり。
全ての感覚を常に鋭く持ち、気配りを忘れない。そんな姿に改めて感動し、尊敬しました。
…と同時に、自分には無理な仕事だなーと思ったり(^_^;)大変だもの〜

動物園の柵の外側にいる自分が、動物園の柵の中に入ってみた…という感じでしたが、柵の外と中は全くの別世界でした。
柵の中では常に動物のことと外のことを見て考えなければならないのだなぁ、ということを身をもって経験しました。
貴重な時間を過ごすことができました。改めて、茶臼山動物園の皆様と動物たちに感謝します。ありがとうございました。


茶臼山動物園の大人のための飼育体験は、毎年9月末頃に行われています。
好きな動物に当たるかは運次第ですが(笑)、いい経験をすることができるので、ぜひ興味を持たれた方は参加してみてくださいね。

私はあなたのお母さん 番外編?

IMG_8856
お久しぶりでございます。

こんなに小さかった野花ちゃん、もう一歳になったんですよね〜。めでたい!
命名式以来会えていないのですが、とっても元気に過ごしているようで、(名付け)親は嬉しいです。


IMG_9277

さてさて、レッサーパンダ遠征ですが、3月末に嫁入り前のまつばに会いに行って以降、全然行けてません。
理由は8月に男の子を出産し、本当に母になったからです。
野花ちゃんの弟ってことになりますかね?(笑)
生後1ヶ月が経ち、とっても元気に育っています。



ここから先はレッサーパンダ関係ないので、読まなくても良いです(笑)

野花ちゃんの名付け親になった頃、ん?と思うことが多く、命名式のすぐ後に妊娠判明。
動けるうちに遠征に行こう!と思った矢先に、年明けから悪阻開始。なんと、いわゆる普通のつわりにプラス、電車酔いという致命的なつわりもあり、遠征どころか仕事もロクに行けず、地獄を見ました…。
つわりが落ち着いて安定期に入った3月に日本平に訪問できたものの、そのあとは突然の貧血に襲われる日々。実家に帰った時も街中で突然フラッと来て、友人や家族に迷惑をかけてしまいました。

とまあ、そんな感じだったので、遠征なんてムリムリー!生きるのに必死ー!な日々でした。
でも体調が悪かったのは私だけで、子どもはずっと元気で順調に育っていたのが救いでした。
体調が悪かったとはいえ、私自身も入院したり薬を飲んだりするレベルの悪さでは無かったですし、今振り返ると大したことなかったのかもしれないですね(笑)

陣痛とか怖いなーと思ってたのですが、予定日前の検査で難産の可能性が高いと言われ、帝王切開での出産になりました(^_^;)
術後の痛みは地獄でしたが(笑)、出産自体は麻酔がかかってるのでとってもリラックスして臨むことができました。怖かったですけど、手術始まっちゃえばどうしようもないですし(^_^;)
産声が聞こえた時の感動と、初めて抱っこした時の喜びは、たぶん一生忘れることはないと思います。


出産から1ヶ月経ち、お世話にも慣れ、気持ちも落ち着いてきましたが、動物園に行くのはまだまだ考えられないです。
もう少し息子が大きくなったら、いろんな動物園に一緒に行きたいですね。

息子のファーストパンダを誰にするか、迷っています(笑)
東山動物園に導入予定の個体にするか、日本平の個体にするか、野花ちゃんに会うか、息子と同じ誕生日の個体にするか(8月でしたが、奇跡的に同じ個体がいました)、私がレッサーパンダ沼にハマった茶臼山に行くか…迷う!!

レッサーパンダにハマるかどうかは私の教育ではなく、息子の意思と素質によると思うので、彼に任せたいと思いますが。
親としては、与えられるだけの経験や体験をさせて、そこから好きなものをたくさん選んでいってほしいところです(^-^)
もちろん動物が好きになってもいいし、虫や魚でもいいし、植物でも良いし…生き物以外でも何でもいいので、好きなものがたくさんある子に育ってほしいです。

関係のないことを延々と書いてしまいましたが、以上、報告であります。
ブログは更新したりしなかったり今まで通りになると思います(笑)
過去のネタのアップくらいはできるといいな〜。
ギャラリー
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡
  • いのちの軌跡