茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加

IMG_8212
チャオくーん(´∀`)

過去の記事になりますが…昨年の9月に茶臼山動物園の飼育体験に参加することができました!
ちなみにレッサーパンダ担当の班は外れました!笑
どの班でも良かったので、問題ないですけどね(^ ^)ふふふ

IMG_8188
私の担当は、小獣舎(タヌキ、アライグマ、ハクビシン、ビントロング、アナグマ)、ポニー、木曽馬、ツキノワグマ、ライチョウ、病院及びエサ作りでした。たぶん、1番盛りだくさんの班だったと思います。
ちなみに、感染症予防のため、小獣舎担当はバックヤードに入ったら、その日はレッサーパンダ舎のバックヤードに入るのは禁止になります( ;∀;)そうよね…そらそうよね…。

体験の参加者は各班2名、私と同じ班の方は動物大好きな素敵な方でした(^ ^)
この班は動物の種類がとにかく多いため、分かれて作業することに。好きな動物がいる方を選んでください、と飼育員さんに言われたのですが…同じ班の方と私、とても気があうようで、好きな動物が丸かぶり…(笑)午前午後で担当を入れ替えて作業することになりました。

IMG_8215
午前はまず、ウマとツキノワグマのお世話でした。
ポニー2頭、木曽馬1頭の合計3頭のウマが茶臼山にはいます。
…写真撮り忘れたんですよねぇ…( ;∀;)
ポニーは1番年上のエミちゃん、若い男の子のツッキーくん、木曽馬はとっても美形なさくらちゃん。
エミちゃんはなんというかお姉様という感じで…乗馬体験の時はとにかく褒めるとちょっと得意げになるとかなんとか(^ ^)
ツッキーくんはとにかく元気一杯で、女の人が大好きでした(笑)作業中によく覗きに来てくれました(笑)乗馬体験でも、楽しくなりすぎると元気が溢れ出てしまい、飼育員さんにたまに止められるそうです(´∀`)
さくらちゃんはエミちゃんと仲良しで、よく女子会をしてました(^ ^)それを離れて羨ましそうに見るツッキーくん…という図式がなんとも面白かったです。
ウマの方では、掃除、エサ出し、ブラッシング、乗馬体験の補助など一通りやらせていただきました。

ツキノワグマはテツくんとミヤちゃんの2頭(また写真が無いんですよ…)。
こちらでは獣舎にエサを出したのですが、エンリッチメントの一環で、竹筒フィーダーにエサを入れたり、獣舎内にエサをたくさん隠したりしました。
テツくんが竹筒フィーダーを水の中に入れて、水圧でエサを出しているのを見てビックリでした!

ウマとツキノワグマが終わったら、ライチョウを少し見学。デリケートな動物なので、お世話はできませんでした。
今、いろんな園でニホンライチョウの繁殖も取り組んでますが…なかなか難しいみたいですね。
茶臼山にいたのはスバールバルライチョウですが、飼育を通して、ニホンライチョウの繁殖に繋がっていくことを期待しています。

その後は動物病院(非公開)の掃除をし、エサ作りへ。
エサ作りは、担当動物だけでなく園内ほぼ全ての動物に関して行いました。必要量の果物や野菜などを用意して、それぞれの動物に合わせて切って、バケツまたはお皿に入れて…大量なので大変です。
チンパンジーのエサは個体ごとに内容が違っていて、面白いなぁと思いました。

レッサーパンダのエサも作れるのかな?とワクワクしていたのですが「レッサーパンダは、獣舎の冷蔵庫にエサが保管されてるので、こちらでは作らないんです」とのこと…。゚(゚´Д`゚)゚。
若干ショックを受けていたら、「でも、今日はそのレッサーパンダの冷蔵庫にリンゴを届ける日です。そのリンゴの選別ならできますよ、良かったらお願いします」とのお言葉…!僭越ながら、選別させていただきました(`_´)ゞ

IMG_8205
空いた時間にレッサーパンダ舎へ(´∀`*)
ネネちゃん💕💕
バックヤードはダメでしたが、普通の観覧通路はオッケーだったので一安心です(笑)

IMG_8206
室内はヒビカル兄弟とロンくんでした。
暇そうなロンくん(^^;)

IMG_8169
夕方は小獣舎でエサ出しの作業です。
午前中に作ったエサ(切った野菜や果物など)を用意し、ここにペレットなどを追加して各獣舎のバックヤードにお皿を置いて行きました。
閉園前なので、収容しつつ動物たちの様子も観察させていただきました。
上の写真はアライグマのアンナちゃんですが、ちょうど話題のカールくんもいました。もちろん、マンホールの中に(´∀`)
せっかくなので、マンホールの中から出て、もう一度中に入るところも見せていただいたり(笑)

IMG_8198
ビントロングのシュートくんにも、かなり近くで会えました!
でもこの日は警戒されてしまったのか、収容拒否(^_^;)
飼育員さんが写真のようにバナナで誘いますが、結局私がいる間はバックヤードに帰りませんでした。うーん、申し訳ないです(^_^;)

IMG_8195
作業が終わり、1人一種、好きな動物(動物園の方が用意してくださった中から)を選んで抱っこして記念撮影。
アルマジロちゃんを抱っこしました(´∀`)

IMG_8228
ヒビキくんまたね〜

なかなかガチの飼育体験で、学生の時の実習を思い出しました(^_^;)
帰ってから疲れてしばらく寝てしまったのも、学生の頃と同様でした(笑)

たった1日の飼育体験ではありましたが、普段飼育員さんがどれだけのことに目を向けて動いているのかがよくわかり、とても勉強になりました。
掃除中に部屋の様子を見て健康状態のチェックをし、ブラッシングや声をかけるなどしてコミュニケーションをとり、イベントでは動物だけでなくお客さんの様子も気にかけ動いて。もちろん、特別なことがなくても、空いた時間には動物の様子をしっかり観察したり、エサやりをしたそうなお子さんがいれば、声をかけてエサやりをさせてあげたり、動物園ファンぽいお客様と動物についてお話したり。
全ての感覚を常に鋭く持ち、気配りを忘れない。そんな姿に改めて感動し、尊敬しました。
…と同時に、自分には無理な仕事だなーと思ったり(^_^;)大変だもの〜

動物園の柵の外側にいる自分が、動物園の柵の中に入ってみた…という感じでしたが、柵の外と中は全くの別世界でした。
柵の中では常に動物のことと外のことを見て考えなければならないのだなぁ、ということを身をもって経験しました。
貴重な時間を過ごすことができました。改めて、茶臼山動物園の皆様と動物たちに感謝します。ありがとうございました。


茶臼山動物園の大人のための飼育体験は、毎年9月末頃に行われています。
好きな動物に当たるかは運次第ですが(笑)、いい経験をすることができるので、ぜひ興味を持たれた方は参加してみてくださいね。

私はあなたのお母さん 番外編?

IMG_8856
お久しぶりでございます。

こんなに小さかった野花ちゃん、もう一歳になったんですよね〜。めでたい!
命名式以来会えていないのですが、とっても元気に過ごしているようで、(名付け)親は嬉しいです。


IMG_9277

さてさて、レッサーパンダ遠征ですが、3月末に嫁入り前のまつばに会いに行って以降、全然行けてません。
理由は8月に男の子を出産し、本当に母になったからです。
野花ちゃんの弟ってことになりますかね?(笑)
生後1ヶ月が経ち、とっても元気に育っています。



ここから先はレッサーパンダ関係ないので、読まなくても良いです(笑)

野花ちゃんの名付け親になった頃、ん?と思うことが多く、命名式のすぐ後に妊娠判明。
動けるうちに遠征に行こう!と思った矢先に、年明けから悪阻開始。なんと、いわゆる普通のつわりにプラス、電車酔いという致命的なつわりもあり、遠征どころか仕事もロクに行けず、地獄を見ました…。
つわりが落ち着いて安定期に入った3月に日本平に訪問できたものの、そのあとは突然の貧血に襲われる日々。実家に帰った時も街中で突然フラッと来て、友人や家族に迷惑をかけてしまいました。

とまあ、そんな感じだったので、遠征なんてムリムリー!生きるのに必死ー!な日々でした。
でも体調が悪かったのは私だけで、子どもはずっと元気で順調に育っていたのが救いでした。
体調が悪かったとはいえ、私自身も入院したり薬を飲んだりするレベルの悪さでは無かったですし、今振り返ると大したことなかったのかもしれないですね(笑)

陣痛とか怖いなーと思ってたのですが、予定日前の検査で難産の可能性が高いと言われ、帝王切開での出産になりました(^_^;)
術後の痛みは地獄でしたが(笑)、出産自体は麻酔がかかってるのでとってもリラックスして臨むことができました。怖かったですけど、手術始まっちゃえばどうしようもないですし(^_^;)
産声が聞こえた時の感動と、初めて抱っこした時の喜びは、たぶん一生忘れることはないと思います。


出産から1ヶ月経ち、お世話にも慣れ、気持ちも落ち着いてきましたが、動物園に行くのはまだまだ考えられないです。
もう少し息子が大きくなったら、いろんな動物園に一緒に行きたいですね。

息子のファーストパンダを誰にするか、迷っています(笑)
東山動物園に導入予定の個体にするか、日本平の個体にするか、野花ちゃんに会うか、息子と同じ誕生日の個体にするか(8月でしたが、奇跡的に同じ個体がいました)、私がレッサーパンダ沼にハマった茶臼山に行くか…迷う!!

レッサーパンダにハマるかどうかは私の教育ではなく、息子の意思と素質によると思うので、彼に任せたいと思いますが。
親としては、与えられるだけの経験や体験をさせて、そこから好きなものをたくさん選んでいってほしいところです(^-^)
もちろん動物が好きになってもいいし、虫や魚でもいいし、植物でも良いし…生き物以外でも何でもいいので、好きなものがたくさんある子に育ってほしいです。

関係のないことを延々と書いてしまいましたが、以上、報告であります。
ブログは更新したりしなかったり今まで通りになると思います(笑)
過去のネタのアップくらいはできるといいな〜。

私はあなたのお母さん

image
ひゃ〜かわいい〜…!
一年以上ぶり?に到津の森公園に行きました。コパンダはもちろん、初めての子育てを頑張っている野風ちゃんの様子も見たくて(^_^)

image
また、今年の到津コパンダは、名前を公募で募集していました。会員限定とのことでしたので、私は訪問日に会員登録をし、名前を応募したのです。いい名前が思いついていたので(^ ^)
…でも、本当に名付け親になるとは思いませんでした(°_°)
はい、初めてのことです。私、野風ちゃんと凌凌くんのお子さんに、お名前をつけさせていただきました!

image
命名「野花(のはな)」です🌸(こちらのボード、くす玉の中身の紙、手作りの野花バッチはプレゼントとしていただきました)
名前の由来は、
🌼野風ママのように、可愛くて立派な女の子に育つように
🌼野に咲く花のように、強くたくましく可憐な女の子に育つように
の2点です。

image
命名者の連絡をいただいたときは、本当にびっくりして…。もちろん嬉しかったのですが、緊張とプレッシャーがめちゃめちゃ大きく、その日の夜は動悸と腹痛が止まりませんでした(笑)
また、命名式では「名前の由来等を舞台でお話してください」とのことで、さらに動悸が……。
緊張しいなのに、無茶をしたい私。当日は自分が困らないように、そして飼育員さんを泣かせるを目標に!スピーチを考えて原稿を作って行きました。

image
結果、当日はあまり緊張せずに話せたので良かったです(笑)
以下、持って行った原稿を掲載します。
この通りにしゃべったわけではないですが、おおまかにこんな感じのことを話しました。


*****************

このたびは、命名者…名付け親というありがたい機会をいただきまして、本当にありがとうございました。到津の森公園の皆様に感謝申し上げます。

では、名前の由来について説明させていただきます。名前の由来は、2つあります。
1つ目は、一生懸命に子育てをしている、お母さんの野風ちゃんのように可愛らしく、そして立派な女の子に育ってほしいという願いを込めて、野風ちゃんと同じ、「野」の字を名前に入れました。
そして2つ目は、野に咲く花のように強くたくましく、可憐な女の子に育ってほしいという願いを込めて、「野花」という名前にしました。

少しお時間をいただいて、今回の名前のことを詳しくお話させていただきます。
野風お母さんと野花ちゃんは一見普通の親子に見えますが、飼育員さんのお話にもあったように、実は野風お母さんはひとりで子育てをしているわけではなく、飼育員さんのサポートを受けながら子育てをしています。なぜなら、うまく授乳をすることができず、ひとりで子育てをすることができなかったのです。

ですが、現在は授乳のみ飼育員さんのサポートを受け、それ以外の世話は野風ちゃんが行なっています。
飼育員さんのサポートをうまく受けながら、野風ちゃんは初めての子育てを一生懸命頑張っています。そんな姿に心が動かされ、名古屋からはるばる親子の姿を見に来ました。

できることは自分で、できないことはうまくヒトに頼って、一生懸命に子育てをしている野風ちゃんの姿は、動物や人間関係なく、尊敬できるものであると思います。
そんな野風ちゃんのように、将来は立派な女の子になってほしいと思い、お母さんから一文字もらった名前を考えました。

名付け親になったということで、私は世話をしているわけではありませんが、こちらの野花ちゃんのことを自分の娘のように感じています。
ですが、ちょっと家が遠いのであまり頻繁には娘に会うことができないと思います。

ですので、到津の森公園の来園者の皆様、北九州市民の皆様にはぜひ、野花ちゃんの成長をときには我が子のように、あたたかく見守っていただければとてもうれしいです。

今回は、命名という大切な機会に立ち会わせていただき、本当にありがとうございました。

*****************

※スピーチ補足
野風ちゃんは授乳ができなかったとスピーチで話しましたが、実際は「母乳が足りていなかったと思われる」です。マッサージをすると母乳が少し出るとのことでしたが、吸っているはずの野花ちゃんの体重が増えず、そのような判断となったそうです。
また、授乳だけでなく、保温ができないのが一番の問題だったそうです。出産直後に野風ちゃんの体温が上がりすぎてしまい、呼吸が荒くなり、巣箱の中に居続けることができず、生まれたばかりで体温調節のできない野花ちゃんが低体温になってしまったことがあったそうです。
スピーチでは足りていない内容でしたので、こちらで補足しましたm(_ _)m

image
当日は、くす玉を割ったり、こんなことを話したり、取材を受けたりわーわーとてんてこ舞いしてましたが、地元ファンの方や他にも遠くからいらしていたレッサーパンダ好きの皆様に励ましていただいたり、見守っていただいたりして、大変ありがたかったです(^_^)
本当に緊張して、めちゃ挙動不振になっていたのに…励ましてくださった方には感謝しかありません。゚(゚´Д`゚)゚。

何よりも、飼育員の皆様…チーム野花(勝手に名付けました)の皆様に感謝です!大事なお仕事もある中、当日のサポートをしていただき、大事なプレゼントまでいただいてしまいました…!
ずっと大切にします。そして、ずっと応援します。ありがとうございました!!

image
子育てに障害がある野風ちゃん…それを乗り越え、野花ちゃんを無事育てられたのは、飼育員さんの力と思いの強さのおかげだと思います。

「野風をママにしたい」
柔らかい物腰の飼育員さんたちですが、その強い思いを、お聞きしたお話やブログの文章で感じました。

お母さんになるのに難しい個体なら、子どもを離して人工哺育にするのが普通だと思いますし、私も仕方のないことだと思います。
でも、野風ちゃんは子どもを育てようとしました。飼育員さんは、そんな野風ちゃんの気持ちを汲み取り、できるすべての手を尽くしました。そして、レッサーパンダではおそらく初めての「介添え哺育」を成功させました。

普段からの動物とのコミュニケーションができていなければ、トレーニングができていなければ、個体の気持ちがわからなければ、信頼関係がなければ、できなかったことだと思います。
飼育員さんの正しい知識と真摯な姿勢が生み出した結果だと思います。


image
野花ちゃんは…めちゃめちゃ元気でお転婆な女の子でした(^_^)可憐…になるかな?(笑)
野風お母さんが大好き、飼育員さんも大好き、懐っこい女の子だと思いました!
この柔軟性は、今後生きていく上でも大事だと思います。
のびのび育ってくれれば、こんなに嬉しいことはないです(*´ー`*)

image
野風ちゃん、大変だと思うけど、ママのお仕事頑張って、そして楽しんでね。野風ちゃんは到津にお嫁に来れて幸せだね。一生懸命育ててくれてありがとう。
私もいつか遠い未来?にお母さんになると思うけど、野風ちゃんみたいなママになりたいな!

image
凌凌パパ、今年もパパそっくりなお子さんが生まれたね(^_^)野風ちゃんをお母さんにしてくれたのは凌凌くんのおかげでもあるね。ありがとう。

image
そして笑笑坊ちゃん…(笑)相変わらずの人気者。お兄ちゃんだね!お兄ちゃんが元気に育ったから、今の野花ちゃんがあるんだね。ありがとう。

image
素敵な家族とお母さんたちに囲まれて、すくすく成長中の野花ちゃん。
ぜひ、多くの方に可愛がっていただければ、(名付け)親としても嬉しいです!
ギャラリー
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加