動物園の役割

わたくし、レッサーパンダ王国こと(?)静岡県に住んでおりましたが…

実家はレッサーパンダの聖地がある、あの県なのです。

2014-05-04-16-40-49

この子はサラちゃん。
おわかりですね、茶臼山動物園です。

茶臼山動物園は、ログハウスのような室内に0〜1歳児とベテラン夫婦、そして屋外はレッサーパンダの森と名付けられた放飼場にその他の子達が暮らしています。

2014-07-05-00-31-38

先日、レッサーパンダの森の設計に携わった方の本を買いました。
まだパラパラと読んだ程度ですが…動物たちが暮らす場所を、いかに野生と同じに近づけられるか、がテーマであります。

最近の動物園の展示方法は行動展示という方法が使われており、動物の「動き」を見せるための設計や取り組みを行う動物園が増えています。
旭山動物園のアザラシの水柱型水槽なんかが行動展示のいい例ですね。アザラシは縦に泳ぐのが得意なのと、好奇心旺盛なので、好んで水柱型水槽を泳ぐのだとか。
茶臼山動物園もレッサーパンダのログハウスの中は橋がかけられていますね。あれも行動展示だと思います。

レッサーパンダの森は、レッサーパンダが暮らすヒマラヤの森をイメージして作られたそうです。
茶臼山の辺りの山深く美しい景色を背景にできるよう工夫したり、山にありそうな倒木の一部を置いたり…。


動物園は動物を見に行くところ、というだけのイメージがあるかもしれませんが、動物の暮らす環境や実際の生態を知ることもこれからは大事になってくると思います。

野生に生きる動物たちの姿を見て、私たちニンゲンは何を考えるでしょうね。
可愛いだけじゃない、珍しいだけじゃない、動物の姿を捉えられる。そんな動物園が増えて行くといいなぁと思います。

日本平動物園の「おチビ」ちゃん その2

シー&ミホのお話の続きをしましょう。

2013-12-18-12-32-10

シーちゃんが笹を食べる姿を毎日見ていたミホ。食べられないのに笹をハミハミするようになり、そのうち食べるようになりました。この流れは同級生パンダとそんなに差がなかったかと。

それでも、一人っ子なのに体が小さいミホ。原因は、リンゴが食べられなかったことにありました。

2014-07-01-23-19-33

これは、ミホのリンゴトレーニングの様子です。左にはリンゴを持った飼育員さん。
ミホはリンゴを何回か見たり、一度だけ近寄って匂いをかいだりするのですが、絶対に口を付けないのです。
お母さんのシーちゃんはリンゴが大好きで、飼育員さんからもらうときはたいてい放飼場の入り口で最初に食べ、次に飼育員さんが移動して放飼場の中ほどで食べるという流れがありました。

しかし慎重派なミホは飼育員さんになかなか慣れず、リンゴタイムのときは離れた場所でジッとしていました。
お母さんがリンゴを食べる様子をしっかり見ていなかった&飼育員さんに慣れることができず怖かったというのが、ミホがリンゴを食べなかった原因だったのかもしれません。
ミホはリンゴの味を知らぬまま、年を越しました。

他の同級生パンダの様子は他の方のブログなどで読んで聞いていたのですが、リンゴを食べ始めた時期の違いと体格差に驚き、正直不安でした。
飼育員さんも、なかなかリンゴを食べなかった子パンダが死亡した例が以前あったと話しており、今回の件でも焦っているようでした。
離乳食を作ってみたりと様々な工夫もなさっていましたが、ミホが笹以外のものを食べることはありませんでした。
(離乳食はあとでシーちゃんが美味しくいただきました^_^;)

2014-01-18-18-12-47

1月のある日のこと。
ミホがシーちゃんの口移しでリンゴをわずかに食べた、との報告をいただきました。
その数日後の1/10の朝、初めて一切れのリンゴを食べ切ったとの話も聞きました。そのときのミホはかな〜り疑い深く飼育員さんを見つめていたとか(笑)
一口食べては飼育員さんを見る、一口食べては疑いの視線、とまあ、色々とあったようです^_^;

ぜひともミホのリンゴタイムが見たい!
ということでその日のお昼のリンゴタイムを見ることにしたのです。

いつも通り、交換用の笹とリンゴを持ってきた飼育員さん。入り口で待ち構えるシーちゃんは早速リンゴをゲット。
ミホも飼育員さんを見ています。逃げることもなくなりました。
シーちゃんにリンゴをせがまれつつ、ミホにリンゴを差し出す飼育員さん。
戸惑いつつも、飼育員さんが持つリンゴに右手をかけました。リンゴトレーニングのときとは明らかに違う行動です。

そのまま小さな口でリンゴをぱくり。
小さな小さな、食べ跡がリンゴに残ります。
ミホはそのとき、少しだけ飼育員さんの顔を見つめました。疑いの視線ではなく、今度は嬉しい顔のような、美味しい顔のような、感動しているような、いい表情をしていました。
あのときの目の輝きは、未だに忘れられません。

そのままゆっくりと手を離す飼育員さん。ミホは右手でリンゴをしっかりと掴み、少しずつ少しずつ食べ始めたのです。

飼育員さんは優しく見守りながら、次のリンゴをミホに与えました。シーちゃんも一緒に並んで食べていました。
シーちゃんは左利きなので、左手を使ってリンゴを食べるのですが、ミホはその様子を見たせいなのか、今度は左手でリンゴを持って食べ始めました。
えっ、ミホは両利き?と大混乱でしたが、現在は左利きになっています(^ ^)


リンゴ命!!のレッサーパンダ。
リンゴさえあればレッサーパンダは思い通りに動くと言われるくらいの動物ですが…最初から食べられるわけではなく、初めて見るものに対しての恐怖や不安に打ち勝って初めて、リンゴを食べられるようになるのだと実感しました。

人間も同じですよね。たくさんケガをしたり、遊んだり、口に入れてみたりして、色んなことを学んで成長していくのです。

レッサーパンダとして成長するための第一歩を、ミホは私に教えてくれました。


リンゴを食べ始めてから一週間の間に、ミホは急成長を遂げます。あ、身体的な意味で、ですよ。
2014-02-06-22-29-37

リンゴをガツガツ食べるようになり、この頃から足が伸びたり体が伸びたり…そして、元気に走り回るようになったのです!!

壁を越えたミホの急成長。
見逃すわけにはいかない!!!
そして私は大学卒業を目前にして、動物園通いを週一でするようになるのでした。
よく卒論書けたよなぁと思います^_^;

2014-02-27-19-39-56

これは卒業直前に作ったアルバムの1ページなのですが、ミホとお母さんのシーちゃんはとても仲良しでした。
シーちゃんはわりとヤンチャなところがあり、以前紹介したタクともやりあえるほどの女の子です(笑)
ですが、ミホに対してはとても優しく、マイペースなミホの成長をあたたかく見守る素敵なお母さんでした。

ミホが遊ぶようになると、シーちゃんも一緒になってゴロゴロ遊んだり、リンゴを食べるときも娘のリンゴは絶対に取らず仲良く分け合っていました。
シーちゃんとミホの同居は本当に見ていて幸せなものでした。


そして、シー&ミホ親子の最後の試練の日がやってくるのです。

またまた次に続きますよ。

野毛山動物園のレッサーパンダ「ウミ」へ。

2014-07-02-21-23-56


6/29、野毛山動物園のレッサーパンダ、「ウミ」♂が亡くなりました。


ウミへ。
3月に初めて出会ったウミ。
噂で、同居しているキンタとラブラブで有名と聞き、電車に乗っているときからずっとワクワクしていました。

自分の可愛さを理解している君のパートナーのキンタは、もちろん可愛かった。
君は、キンタと比べるとかなり顔つきが違い、キリッとしたイケメンだと思いました。
キンタが好きでしょうがなかったんでしょう(^ ^)ずーっとキンタのことを見ていたの、私も知っているよ。キンタの側にいられるだけで、幸せだったよね、きっと。

リンゴタイムのときは、お立ち台ですごーくいい表情をしてくれたね。
美味しい顔がウミの1番の魅力だったと私は思います。
君の顔を見て、ニコニコ笑っている子どもたちや常連のファンのみなさんの姿、知っていたかな。
そして、リンゴタイム中にキンタにリンゴを取られたり、足を滑らせてしまって周りのお客さんをびっくりさせたり。キリッとしている顔と、少しドジな行動のギャップ、とても好きでした。
「本当にウミはドジねぇ。」と笑顔で、少し仕方なさそうに話している常連のファンの人のこと、君は知っていたかな。

ウミ、たくさんの人に愛されていたんだよ。
キンタもきっと、ウミと過ごす時間が大好きだったと思うよ。

キンタのこと、賢健のこと、野毛山動物園の動物たちやファンの皆さんのこと、妹のそらちゃん、全国にいる子どもたちのこと、ウミはきっと空から見守ってくれているよね。


野毛山動物園になくてはならない存在だったと改めて思います。
ありがとう、ウミ。
どうか安らかに。
ギャラリー
  • 私はあなたのお母さん 番外編?
  • 私はあなたのお母さん 番外編?
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん