私にしては、かなり間の空いてしまった日本平動物園。
ずっと会いたかった女の子との再会です。

2014-09-21-19-28-49
スミレ!
…顔がぶすーっとしていますが、このときはナイトズーでもあり、イレギュラーな環境に戸惑い帰宅拒否をしているからです(笑)
飼育員さんは、スミレが帰る気配を見せないのでめちゃめちゃ大変そうでしたが、性格の悪い私はスミレがゆっくり見られるぞわーいと一部始終を眺めさせていただきました(‘∀‘ )
(飼育員さんごめんちゃい^^;;)


ここからは、バカなわたなべの正直な気持ちを書いていきます。
気分が悪くなったら申し訳ございません。読み飛ばしていただいてもかまいませんので…





2014-07-08-23-05-22
この冬は、シュウシュウとペアリングを組んだスミレ(以前の記事「スミレの初恋」参照)。
春頃にはすでにお腹も大きく、6月には出産だな〜と勝手にワクワクしておりました。

そのうち予定日が過ぎ、7月になり、シーちゃん出産のニュースが入り、スミレと双子姉妹のアヤメが初出産、アヤメ&スミレと幼少期を共に過ごしたクルミ&ミカン姉妹も初出産という嬉しいニュースが立て続けに入りました。
それでもスミレのニュースは入ってこない、非公開のまま…人工哺育になったのかな、じゃあ9月頭くらいに情報が入るはず、と自分を納得させようとしている自分がいました。

9月中旬にもニュースはなく…日本平行きの日になり、最終的には飼育員さんにお話をさせてしまいました。本当にすみません。

2014-01-20-14-53-46
返ってきた答えを聞き、残念と言うよりも驚きの方が大きかったですね。
お腹、大きかったのに。巣作りだってしていたのに。いなかったの?
実は未だに、心の片隅で信じられないという思いが残っているのですが(^^;

繁殖って、なんて難しいんだろう。
いのちって、なんて奇跡的なものなんだろう。
元気に走り回り、滑り台もやるようになったかわいい元気なスミレを見ながら、そんなことをずっと考えていました。


動物の、いのちの生死をニンゲンの思い通りにしようだなんて、おこがましいのかもしれませんね。

それでも、奇跡的に出会えたこの可愛く素晴らしい動物に、ずっとこの地球にいてほしいと願わずにはいられません。

いつか、かわいい仔スミレと、そしてまだ見ぬかわいい仔レッサーパンダたちとの出会いを楽しみに、これからもレッサーパンダを追いかけていきたいと思います。




2014-06-15-21-22-13
ちなみに冬のスミレのペアリングは、タクとになるそうです。
どちらかというと、タクがスミレを毛嫌いしているんだとか(笑)かわいい乙女なのに、タクの好みはうるさいなあなんて(´∀`=)
この日、タクとスミレが出会うシーンを偶然見たのですが、タクさんはまっすぐスミレに向かって噛み付いておりました…タクちゃ〜ん(´Д` )

2014-09-21-09-12-32
そして、繁殖年齢限界に近いシュウシュウはおそらく隠居となります。
個人的には、とっても残念ですよ。こんなに紳士で、優しいオスパンダ、なかなかいません。子どももみーんな美形で可愛いし!(シュウナ@天王寺、クゥ@甲府、シーちゃん、ミウ@広島)

でも、シュウシュウはスミレに、きっとたくさんのことを教えてくれました。
移動してから、怖がってばかりだったスミレの居場所を与えてくれたのも、きっとシュウシュウ。ペアの相手との距離の縮め方もシュウシュウは上手だった。
春に見た、シュウシュウとスミレが寄り添って眠る姿、本当に本当に嬉しかった。

スミレに代わって、シュウシュウにありがとうと伝えたいですね。
そしてこれからものんびり単独生活をエンジョイしつつ(笑)、スミレや娘、孫のことを見守っていてほしいなあとも。

2013-11-03-12-44-04
スミレ!
元気な姿を見られて、とても嬉しかったよ!あらためて、おかえりなさい。
たくさん経験したね。大変だったことも、嬉しかったこともきっとたくさんあったはず。
これからの幸せも、わたなべは陰から祈っています。
成長したスミレの姿、これからも見守っていくのでよろしくお願いします。



グダグダすみませんでした(´Д` )
要するに、私は乙女で可愛いスミレのことが大好きなのってことです(^.^)