2014年11月

武将のタビダチ

初めて君に出会った日。


image
初の雪パンダも君でした。シンゲン。
明日、11/11に移動、13日から釧路市動物園のレッサーパンダとなります。


2014-11-10-22-22-35
チャオ王子と、

image
可憐なアジサイの子ども。



2014-09-14-13-22-01
よく頭上で垂れてたね。
よく寝てよく遊びよく食べていたシンゲン。
スバル兄ちゃん、チャオパパのような素敵な父ちゃんになるんだよ。



2014-09-16-22-32-04
釧路に出陣だ!
シンゲン、ガンバレ!

ほっと一息@夢見ヶ崎

京都編が続いておりますが、一度小休止ということで、関東遠征の記事をば。



3ヶ月ぶりの夢見ヶ崎です。


2014-10-24-09-06-02
アンちゃんおはよーです!
横浜の某講演会に行くため、ついでに、あくまでついでに(笑)関東のレッサーパンダに会いに来ました。あくまで講演会メインなので、レッサーパンダはついでです。ついでのはずでした(笑)

早朝に東京に到着し、朝焼けに染まる東京タワーを見つつ、築地市場でぼやけた意識を叩き起こされつつ(笑)、色々と寄り道をしたのち、夢見ヶ崎に辿り着きました。

雨の日続きの前日までの天気が一転して晴れの空に、夢見ヶ崎も団体客が数多く訪れていました。

2014-10-24-10-00-16
ファファ後姿。
この日は、夢見ヶ崎レッサーパンダ舎の外にあるヤグラが壊れて無くなっており(笑)、ヤグラ好きだったファファさんは心なしか後姿も寂しげです。早く新しいのができるといいねえ。(新たなヤグラが作られる計画は立っているそうです)

2014-10-24-10-46-15
娘のギンガ(左上)も出てきましたが、この日は午前中は室内のまま。外ギンガは見られませんでした。
仲良くファミリーでお昼寝の開始です。

2014-10-24-10-46-20
ギンガ ファファ
ア ン (餅化)
ギンガとファファはくっついて寝ることもあるのですね。相変わらず、アンちゃんは堂々と大きく場所を取りながらの休憩。アンが中心だもんね。
みんなおやすみ〜。

2014-10-24-10-22-55
No.5もご飯タイム。



ゆったりと楽しむことができた夢見ヶ崎動物公園でした(^ ^)

パンダコパンダ 秋の京都編 その2

2014-11-01-11-24-27

んぎゃーーーーーっ!!!

はい。京都編の続きです。


この日は雨の降っていた京都。人もかなり少なく、すれ違うのはほとんどが飼育員さん…ガラスにピタッとはりつく私はかなり視線を浴びていたような気がします。こ、こんにちは。

静かな園内は、動物たちものんびりしています。コパンダもしばし夢の世界へ…。

お隣さんをのぞいてみます。


2014-11-01-09-38-18

久しぶり!ウーロン!
……雨が(笑)

コパンダの父さんです。まだ3歳とコパンダの次に若いですが、今年見事お父さんとなりました。
2011年に生まれ、2012年度に国を越え、2013年度にペアリング、2014年にパパ…ウーロンの年表を作ると、かなりの激動なパン生ですね(笑)

2014-11-01-10-14-56

ビショビショツンツンなウーロン。
雨でも行動量は落ちません。素晴らしいです。
同じく海外から来た多摩のフランケンもそうですが、海外渡航のオスには芯の強さを感じます。体も大きいし(笑)この安定感があるからこそ、日本に来ても大丈夫だと判断されたのかもしれません。いずれにしても、海外渡航してきてくれた子たち、送り出してくれた国の方々にも感謝ですね。



大きなメタセコイアの放飼場ものぞきに行きます。

2014-11-01-12-15-38

んおーー古都ちゃん!!
おかえりなさい!

古都ちゃん(コトちゃん、以下こっちゃんと呼びますね)は、山口県徳山生まれの5歳の女の子です。京都に来て3年になり、京都市動物園のレッサーパンダグッズのほとんどがこっちゃんがモデルです。京都の元祖アイドルだと思っております。
古都、の字は京都に来てからつけられたとか。名前の通り、奥ゆかしくはんなりした雰囲気のある可愛い女の子です。

こっちゃんは冬にウーロンとペアを組みました(ウーロンはジャスミン、こっちゃんのダブルペアを組んでいたのです)。
交尾もあり、出産もありましたが、残念ながら双子の1匹は死産、その後残った1匹もこっちゃんは頑張って育てていましたが、数日後に亡くなりました。

レッサーパンダ界的には、海外渡航組のジャスミンとウーロンに注目が集まっていたかもしれませんが、京都市動物園としては長いこと京都にいるこっちゃんが無事出産することも強く望んでいたのではないかと思います。
今年は残念でしたが、こっちゃんが元気に帰ってきてこっちゃんスマイルを見せてくれたことを嬉しく思います。
こっちゃんには無理をしないでもらいたいですが、いつか古都っ仔に出会えたらいいなあと思います。


コパンダに戻ります。

2014-11-01-12-41-43

雨も止み、お客さんの姿が見えてきましたが、団子パンダ(笑)
誰もレッサーパンダだと気づかず素通り…。
起きないコパンダ…。


べ、別の動物たちも見よう。

2014-11-01-15-57-28

レッサーパンダ舎横にいるヤブイヌファミリー。この子は今年生まれた子です!
左京と右京の2匹なのですが…この子はどっちなんだろう(´Д` )
ヤブイヌ子は色が黒っぽく、体もまだ小さいのですぐにわかります。大人は茶色で、薄い白っぽい毛の色の個体もいます。

某園の某パンダ担当の某飼育員さんが、ヤブイヌのことを好きだと言っていたなあとか思い出したり…見た目は地味だけど、目が綺麗で可愛らしいギャップがいい!というようなことをおっしゃっていたと思います。適当(笑)

2014-11-01-10-05-27

熱帯館のカピバラ、カリンちゃんです!はじめまして!君に会いたかったんだよっ!

カリンちゃんは、長野の須坂市動物園で生まれた初めてのカピバラ子の1匹です(6つ子なのですよ)。
須坂市動物園はかなり小さい動物園ではありますが、飼育員さんたちがとても一生懸命でイベントもとても楽しいです。
話題作りが上手?というか話題が絶えない園で、かつてはカンガルーのハッチが志村動物園で取り上げられたり、フンボルトペンギンが脱走して捕まえられたり(笑)、カピバラ温泉にバラの花を入れたりなんだり。

須坂に初めてきたカピバラの華ちゃんと光くんは園のアイドルで、その人気はかなりのものでした。
その華ちゃんが出産!しかも6つ子!とニュースも大々的でした。地元では(笑)

そのうちの1匹が成長し、カピバラがいなくなってしまったばかりの京都市動物園に送られ、カリンという可愛い名前もつけてもらいました。
元気にしているのかなあ、と個人的に気になっていましたので、元気に過ごしている姿にホッとしました。


2014-11-01-10-04-20

同じく熱帯館にいるハリネズミも可愛いのです。ちょうどごはんタイム!
…お皿の中は、のぞかない方がいいかもしれないものもあるのでお気をつけて(笑)

2014-11-01-10-45-22

とんでもない表情のミーアキャットも。
チック、タック、チャック、ホックの4匹がいるのですが…この子は誰かなあ。タックかなあ。すごい顔だなあ。

2014-11-01-12-34-47

フェネックも起きてるんだか寝てるんだかよくわからない表情(笑)
この日は不思議な表情の子が多かった気がします(^^;;


レッサーパンダはどうかな…

2014-11-01-12-45-37

おーい、コパンダさーん。

2014-11-01-12-45-50

あくびいただきましたー(笑)
もうちょい寝てなー?


ウーロンさーん。

2014-11-01-13-09-26

立った(笑)
にわかに色めき立つウーロン。きっとご飯の時間です。

展示はウーロン、こっちゃん、コパンダ。午前午後に入れ替えがあるかなとは思いましたが、こっちゃんが入れ替わらず、ウーロンもそんな様子が無いのでジャスミンには会えないかもな、まあいいか、と若干諦めていました。コパンダに会えたし、それだけで十分と。

それならそれで、こっちゃんやウーロンもじっくり見ようと、しばらくメタセコイアやチューブを行き来するこっちゃんを見ていました。

しばらくして、ウーロンのところに向かいます。



がちゃっ

ウーロン「おうちかえるね!バイバイ!」


えっ、えっ?

と混乱している間に飼育員さんがウーロンを収容。新たな笹が出され、クローバージャングルにレッサーパンダが現れました。

2014-11-01-13-13-30





続きます\(^ ^)/

パンダコパンダ 秋の京都編 その1

2014-11-01-15-44-00
大好きなあの子に会いに。

秋の京都に訪問しました。

image
はじめまして!
今年、京都市動物園で生まれたレッサーパンダの子どもです。

京都市動物園でレッサーパンダが誕生したのは約20年ぶりとのこと。おそらく、中国から日本の各園にレッサーパンダのペアが送られた、その頃に生まれた子ども以来の誕生だったのだと思います。

それまで繁殖の止まっていた京都市動物園ですが、2年前に中国からレッサーパンダのペアが来日、そのペアであるウーロンとジャスミンの間に子どもが生まれました。
写真の子はウーロンとジャスミンの初の子どもということです。

ジャスミンがお気に入りだからなのか、この子のことも可愛くて仕方がありません。初めて会ったのに、可愛くて可愛くてたまらんです…。

2014-11-01-11-19-18
はしご登りもお手の物♪

母親のジャスミンの姿がないのは、この子が人工哺育に切り替えられたためです。

ジャスミンは今年双子を出産、初産ながら落ち着いて子育てをしていました。しかし、1ヶ月後にジャスミンが体調を崩し、双子の片方も肺炎のためにこの世を去りました。
ジャスミン休養を優先し、やむなくこの子は人工哺育となりました。

子どもができて、無事生まれて、無事育つ、というのは簡単なことではないと改めて思いました。

2014-11-01-12-45-50
京都市動物園のレッサーパンダ放飼場は数が3カ所と少ないため、なるべく多くの個体を展示するにはコパンダが誰かと同居する必要があったそうです。

母親のジャスミンにも会わせたそうですが…どうやらジャスミンは子を受け入れられなかったようです。
仕方のないことですが、ニンゲン目線だと少し悲しいですね。

2014-11-01-12-55-11
最長老の茶々さんが同居パンダとして選ばれたそうですが、まだ練習中とのことで、この日はコパンダ単独展示。茶々さんには結局会えませんでしたが、長い入院も終わり、元気にしているようです。

ぜひ、練習がうまくいったらコパンダと茶々の同居を見てみたいものです(^ ^)

2014-11-01-10-56-21
ちなみに、もう笹を食べています。ああもう後姿さえも輝いている…。
室内なのでわかりませんが、おそらく両親よりもかなり色の薄いコパンダ。日本平でまつば(まっくろくろすけのクロちゃん)を見たせいもあるのかしら…(笑)
綺麗なグラデーションしっぽはお父さん似です。

2014-11-01-12-48-37
高めの鼻と愛嬌の良さはお母さん譲りかな?
人工哺育のためか、かなり近くに来てくれたり、目線をくれたりします。
人の動きにかなり敏感なので、おどかさないように気をつけて見ていました。


2014-11-01-10-09-47
この日は朝イチから京都市動物園です。
9時の時点で、すべてのレッサーパンダ放飼場に笹が入れられていました。
コパンダのところにも笹がたっぷり。板の上に1束、床にも1束、水につけて濡れている新鮮な笹でした。

板の上に乗って笹を食べるコパンダくん。食べては、板の端に行って毛づくろいをし、また食べては毛づくろい…どうやら濡れ笹で身体がビショビショになっており、それが気になって毛づくろいをしているようでした(^^;

2014-11-01-09-21-30
毛づくろいに夢中になりすぎて…このあと落下しかけました(笑)板に爪をかけてなんとかしのいでいましたが、大丈夫なのかこの子は(´Д` )
ちなみにこのあと、板の上の笹で遊びすぎて本当に落下しました(笑)床の笹がクッションになったようですが、板の上から落ちてきた笹の下敷きになってしまったり(^^;;
…大丈夫なのかこの子は(´Д` )


続きます(^ ^)
ギャラリー
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん