2016年01月

やさしいじぃじ

image
何を書けば良いのかまだわからないけれど。
お別れの言葉とお礼を言わなければならない、レッサーパンダがいます。

彼との出会いは、2年前でした。その前から知ってはいたものの、よく見ている個体ではありませんでした。
卒業研究のために動物園に通うようになった、そんな時期でした。

彼は、若い女の子のスミレとペアリングをしていました。
理由を聞くと、スミレは気の強い男の子タクと昨年のペアリングで上手くいかず、今年は優しい彼とペアリングを組ませるという計画があるとのことでした。

気が強い、攻撃的というのは動物の行動を見ていればわかるような気がしたものの「優しい」とはなんだろう?とその時は思いました。
観察をしよう、と決めました。

彼とスミレの距離は約2メートル。
少しでも近づこうものなら、威嚇をするスミレ。すれ違いざまに鳴き声を発し、逃げるスミレ。
これはダメだ、と思いました。
しかし、彼は威嚇することもなく、スミレの鳴き声を聞いたらすぐに距離を置きます。スミレの姿を見つけたら、ルートを変えて散策をします。

スミレが彼に興味を持ち始めたのは、その後すぐでした。
少しずつ近寄って、彼の匂いを確かめる行動が増えました。すぐに逃げるものの、その回数は増えていきました。
彼はスミレへの態度は変えませんでした。何かを理解しているかのように。

夕ご飯の時間の前に寝室に向かう、日本平のレッサーパンダたち。彼とスミレも、寝室へ行くためにドアの前を激しく往復します。
距離は当然近くなるため、スミレの威嚇も増えますが、彼はうまく距離を置いて自分の行動をとっています。
ときどきかち合うものの、彼が怒ることはありません。

どさくさに紛れて、スミレの匂いを確かめていたのは、このときだったと思います。
少しずつ距離を縮めようとする、彼の意志を感じました。動物の意志?こんなに考えて行動を取るものなんだろうか。不思議に思いました。
そんなことを考えているうちに、スミレと彼はともに寝室に帰るようになったようです。今までは一緒に帰ることなどなかった、と聞きました。

動物の優しさ、の定義はわかりません。
ただ、この一連の流れを見て、相手の行動を考え、自らの行動を考えるレッサーパンダが、動物がいることを知りました。これを優しさとか思いやりとか言うのかもしれません。
彼が柔軟に状況を受け入れ、行動をとっていたことは確かでした。

残念ながら子供が生まれることはなかったため、ペアリングは失敗だったのだと思います。
しかし、極度の怖がりであったスミレが、他のパンダと一緒に過ごすことができるようになったのは彼の功績です。同じ空間で隣同士で眠ることができるようになったのは、彼の存在をスミレが受け入れたということです。彼がスミレを常に受け入れていたおかげかもしれません。
スミレがまるで母親のように巣材集めをするようになったのも、もしかしたら…。

ここまでは私が見てきたことですが、それ以外にも彼の功績は多くあることと思います。
相手を亡くしたナラに、新たなペアとしてやってきた彼は、当時の日本平の期待を背負っていたのではと思います。
その期待に見事に応えた彼。死産等が多かったものの、ほぼ毎年の繁殖実績がありました。

人工哺育となった娘は3頭(クゥ、シー、ミウ)いましたが、同居というオスのレッサーパンダとしてはイレギュラーな環境も受け入れ、娘とともに過ごすことができました。
娘に生きるために大切なことを教えたことも、あるかもしれません。パンダの社会を教えたのは、彼かもしれません。人工哺育の娘のうち2頭は、立派な母親となり、自らの力で子育てをしました。

日本平がリニューアルされ、新たな飼育場になってからは、様々なパンダとの交流もありました。
年上の女の子とのペアリングで、負けたこともありました。
若い男の子と同じ場所に出てしまったこともありましたが、喧嘩もせず穏やかに対応していたそうです。
ガラス越しに変な行動をする孫にはちょっとイラついた時もありましたが…。

最後は飼育棟でのんびりと…そんなときに、彼にとって一番小さな孫に出会ったそうです。彼は小さな男の子に何を教えたのでしょうか。男の子はこれから、どんな大人に成長するのでしょう。



シュウシュウ。
娘は4頭、孫は5頭が元気にしているよ。ヤマトに会った時は、弟を亡くしたばかりだったから、元気づけてくれていたのかな。そっちには孫が2頭いると思うので、一緒に遊んであげてくださいね。
スミレもいろいろあったんだけど…もしかしたら、君のほうが近くから見えたかもしれないね。今は元気に過ごしているよ。
そういえば、スミレのお父さんの育ての親は君のお母さんなんだってね!
君の優しさ、受け入れる器の大きさはお母さん譲りだったのかな。

もう少し元気でいて欲しかったけど…自分のやるべきことはこれで全部だ!って思っていたのかな。潔い去り際だって考えるとかっこいいけど、もう少しゆっくり過ごしても良かったと思うよ。寂しいじゃんか…。

関わったすべてのレッサーパンダに、ニンゲンに、たくさんのことを教えてくれてありがとう!
今まで出会った中で一番かっこいいレッサーパンダでした。
ゆっくり休んでくださいね。本当にありがとう。

撮れたてミホひなた…と、おごちそう

前回の反省を生かし(^_^;)

image
ミホさんこんにちは♪
姫路に先ほど行ってきました!
当日更新です。

image
三保の松原&姫路城を撮りたかったのですが、さすが白す…白鷺城、輝きまくりです。難しいなぁ。

image
ミホとひなた、同居しています。
2匹とも、めちゃめちゃ元気でよく動くこと(^_^;)

image
べろんちょミホさん。
同居、どうなるのかと思いきやですが…パッと見、まだ慣れていないかなぁという感じで。
お互いに興味はありそうなんですが、近づきすぎるとひなたが軽く威嚇をするんですよね(´・ω・`)

image
ひなたくん。
「キュッ」って小さく鳴くのはたしか「ちょっとヤダ」みたいな意味だったような。日本平のスミレ&シュウシュウの同居の序盤でも、スミレさんがよくこの声を出していたなぁと(^_^;)
ミホは鳴き声こそ上げませんが、ひなたの威嚇が少し強いと立ち上がっていましたね。立ち向かっていくタイプ…お母さんのシーちゃんと同じかな(笑)

image
あと、面白かった&ミホが気の毒だったのが…

同居開始に伴い、展示場所だけでなく寝室も開放しているのですが、ミホが自分の寝室に少し篭った時間がありまして。
耳をすませると、怪しい物音が聞こえてくるんです。「ガン、ゴン、バキバキパチパチ」って(´Д` )なにそれ(´Д` )

そしたら、ミホが寝室にも置かれている笹の枝を口にくわえて持ってきて(初めて見る行動!)、そのままひなたのいる部屋に向かいました。

くわえている笹の枝にかなり長さがあって、部屋の仕切りに当たって前になかなか進めないミホ…。
やっと通ったと思いきや、怪しい物音と行動に驚いたひなたくん、ミホに噛み付いてしまいました(T_T)

image
ミホなりのアピールだったのかなんなのか、本人に奇怪な行動の訳を聞きたいところですが…失敗に終わってしまいちょっと残念(^_^;)
このあと枝運びを見ることはありませんでした。

しかし、メスがオスにプレゼントはあまり想像ができない。興味深い。

image
ミホ自身はあまり動じていたような様子はありませんでしたし、ひなたくんに攻撃的になることもなかったので、ぜひもう少し仲良くなっていただきたいと思います。
暴れん坊しちゃダメよ〜

image
ミホはレッサーパンダのごはんの時間…3時過ぎに収容となりました。
飼育員さんのご厚意で、夕ごはんミホがチラッと見える場所を教えていただき、姿を見ながらお別れをすることができました。ありがとうございますm(_ _)m
また春に来るね!

image
ひなたくんの夕ごはんは見ることができますよ。
リンゴをむしゃり。結構な量がありますが、ひなたくんはほぼ完食するんだとか。

image
エサの内容も教えていただきました。
リンゴ、キウイ、ペレット、にぼし、蒸しサツマイモ、そしてゆで卵練りこみ食パン!盛りだくさんのおごちそうでした。
ミホは笹をたくさん食べるからか、リンゴと食パン以外はあまり食べないとか(^_^;)
逆に、日本平で食べていなかった食パンを食べるようになったのか〜とこちらも興味深い。


ーーーーーーーーーーーーー

今回はもう一つ用事があり、姫路に行きました。
ちなみに動物は関係ないです(笑)
宣伝しといて!と言われたので載せます(笑)

私もおごちそうを食べてきました。

image
姫路駅近く、お城の反対方向にあります、ホテル日航姫路です。

image
その中の日本料理「川富」さんです。ここでお昼を食べました。
中学時代の友人が、ここの料理人なんです。
若造が一人メシするような場所ではありませんが(笑)、美味しくいただいてきました!大満足!

image
先付け…とお凌ぎもかな?
見た目にも美しく、旬の素材もふんだんに。胃と心をガッシリ掴んできます。

image
椀物。なんのしんじょだったかしら(^_^;)忘れてしまった…。汁に柚子が効いていて上品でした。あとで食べ方を調べたら、汁を一口飲んでから具を食べるのが正解だったよう。間違えたー。

image
向付…お造りです。マグロがとろける…。野菜の飾り切り、お刺身の隠し包丁、炙り…手が込んでいるのがよくわかります。

image
八寸…かな?
お魚の味付けが上品です。そして左のお料理に高級食材の爆弾が仕掛けられていました…ひえ〜!(サービスしていただいたようです、びっくりしました、ありがとうございます!)

image
焼き物…越後牛です。
柔らかい、脂の旨味がたまらない!
添えられている野菜も、ごま油と一味が効いていてお肉によく合います。

image
煮物。ブリ大根の酒粕煮です。
ブリ大好きなので、味は言わずもがな(笑)ここでお酒を頼まなかったことを大きく後悔。煮汁も飲むのが正しいらしい。残しちゃったよう(T_T)

image
食事。シソ、昆布のお粥でした。お漬物のタクアンも美味しい!

image
デザート。4つの中から選べと友人から言われ、黒豆のブリュレを選択。大正解。
…でもよく考えたら、4つ全部盛り合わせてよーとか言えばよかったかな(笑)遠慮しちゃいました。

舌が幸せ、ってこういうことを言うんですねぇ。ごちそうさまでした。
友人は現在は姫路で修行中ですが、いつかは長野に自分の店を構えたいと話していました。
夢に向かう友人を応援したいと思います。夢が叶ったらぜひサービスしてほしいです(笑)


ーーーーーーーーーーーーー

最後はグルメレポートになってしまいました(笑)
ここまで読んでいただきありがとうございます。

image
笹むしゃりミホで締めたいと思います(^ ^)

お城が見えたらさぁ走れ!

image
「まさか…」

image
「あの、わたなべさん、あなた誰推しって言ってましたっけ?」



………ミホさんです。
………ミホさんが世界一大好きです。
………ミホ推しの…ブログです…。


まさかの、記事を書き忘れていました(笑)
ミホさんごめんね〜!リンゴ送ったから許してよ!

12月上旬、姫路に行ってきました。

image
相変わらず、四角いおもろいお顔の、お活発なお嬢様でしたよ。

image
おもろ顔って言われててもいいもんね〜
かわいいお顔もできるもんね〜(^ ^)笑

image
姫路レッサーパンダ舎、またもマイナーチェンジ!
ひなた、ミホの部屋共にハンモックがつきました!
エサの時間には、ハンモックの中にリンゴを投げ込んでいました。この写真も、ひなたくんがハンモックにあるリンゴを食べようとしているところです。

設置したばかりのようで、もう少し見えやすくしようかなぁと飼育員さんがお話してくださいました。今はどうなっているのかなぁ(^ ^)

image
かわいいひなたくん♪
近くまで来てご挨拶、エサの時間はハンモックでかわいくリンゴをもぐもぐ…これがね、レッサーパンダのあるべき姿ですよ。

ミホさんはいつも期待を裏切るのです。

image
ハンモックにリンゴを入れてもらう
→無視
→飼育員さんがリンゴを取り出し、台の上に乗せる
→またも無視
そんな瞬間の写真です。
見てもいません(^_^;)

リンゴを飼育員さんが差し出しても「?」という顔をして受け取らないミホ。無駄に心配をするギャラリー1名。

すると飼育員さんがリンゴを持って、外に出てきてくれました。
「部屋にいると、食べてくれないんですよ」とお話してくださいました。
そして、飼育員さんが外からリンゴを差し出すと…
image
受けとって食べてくれました。よかったー(^_^;)
慣れていないわけではないと思うのですが、不思議な子です。

image
腹が膨れたらおやすみなさい。マイペースかつ不思議なミホ。理解してくださる優しい飼育員さんに感謝ですね(^ ^)
…ミホさん、感謝してね?

image
この日はお昼で離脱、午後は王子に向かいました。
…王子の記事もまだかしら。やだー(´Д` )笑
ミホさんまたね!

image
ひなたくんもまたね!ミホさんをよろしく!



現地情報より、ミホとひなたの同居がこの数日後に始まったようです。
暴君ミホ…さぞかし暴れているのであろう…と思いきや??意外と乙女な感じだそうで。
はやく見に行かないとね!

パンダおさめはじめ

新年になりました。

image
今年度もよろしくお願いいたします。
申年ですので、茶臼山動物園のニホンザルで書き初めです。



さて、パンダ納め&パンダ初めに茶臼山動物園に行ってまいりました。

image
ポポとジャジャ!大きくなりました。ジャジャの体型は、母親のノンのむっちり体型にそっくりです。

image
キリッとジャジャ。

image
リラックスジャジャ。

image
でろっと液体ジャジャ。

image
リラックスポポ。

image
チラリズムポポ。

image
笹ムシャポポ。

本当にポポ&ジャジャはかわいいです!
心臓に大変悪いペアではありますが(笑)

ちなみに、茶臼山では例年1歳パンダは、正月にバックヤードへ移動、代わりに0歳児が親子わけと同時にパンダハウスの広い場所へ移動となるのですが、今年のお正月の時点では、ポポ&ジャジャの位置は変わらず、昨年生まれのヒカル&ヒビキは親子わけをしたものの位置が変わっていませんでした。
例年よりヒカル&ヒビキの生まれが遅いので、違う措置が取られたのかな?と推測。

何はともあれ、お正月もポポ&ジャジャに会えてよかったです!

そして、はじめまして!
image
ヒカルくん!

image
ヒビキくん!

この二頭も、恐ろしく整った顔立ちで(´Д` )❤︎
末恐ろしいコパンダです。
ヒビキの方がヤンチャかなぁ。ノンママ、ヒカルのしっぽをかじったり、空を飛んだり、非常に元気な坊ちゃんです。


image
外展示ですが、タイヨウが外デビューしていました。
以前はアジサイ&タイチがいた場所ですが、アジサイ&タイチは単独でバックヤードに回るようです。

image
あとはアンズも外展示になりそうな位置にいました。どうなるか楽しみです。

あとは適当にペタペタと(^ ^)

image
キキ父さん

image
セイナさん

image
モモちゃん

image
サラちゃん

image
ノゾム

image
アジサイさん

image
風鈴姉さん

image
タイチ

image
ノンちゃん

image
ロンさん!

そして写真に撮れないくらい逃げられてしまった(泣)ネネちゃん、会えなかったチャオ。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


今年度もレッサーパンダ推しで、たくさんの園に訪問します。
また、私生活でもいろいろと変化の年になるので、そちらはまあ、適度に(笑)がんばります。

こんなブログですが、今年もよろしくお願いいたします。
ギャラリー
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ