image
トロリくーん♪
なんてかわいい男子なのー♡

大崎公園の誕生日会から少し遡りますが…6月末に初の広島県安佐動物公園に行きました。

image
広島駅からバスで約1時間。途中からとんでもない山道に入ったので、本当に動物公園に辿り着けるのだろうかとても不安になりました。マジで。
だって、地元の高原のあたりと同じような山道…スキー場にでも行くのかっていう。

もちろん無事に動物園に到着。あまりの広さ、山々に圧倒されました。
今まで訪れた園の中でもトップで山っぽさがあると思います。茶臼山もなかなかですが、安佐にはかなわない。
景色が本当にきれいで、なかなかレッサーパンダ舎に辿りつきませんでした(笑)

image
レッサーパンダ舎(山の頂上みたいな場所にあります。すごい疲れます)に辿りつき、笑顔で出迎えてくれたのはトロリくんでした(^ ^)
トロリくん、初めまして!
現在野毛山にいるキク、同じく安佐にいるマルのお父さんです。
そして亡くなった、日本平生まれのミウちゃんの旦那様…。
トロリくんは可愛らしくてとても元気な男の子でした(^ ^)

image
トロリくんは姫路セントラルパーク生まれ、現在鯖江で子育て真っ最中のキラリちゃんの双子兄弟です。
キラリちゃんとは全然似てないのですが、不思議と惹かれる魅力を持った双子だなぁと思いました。キラリちゃん、実は大好きなんです。トロリくんも大好きになりました(告白)。

image
室内には…こちらも初めまして、麻麻(マーマー)ちゃん!
噂には聞いていましたが、足裏が真っ白。そして3つ子姉妹である、上野動物園の杏杏(アンアン)にそっくりのふわもこボディ。とっても可愛いです!
ちなみに、室内と外は解放されており、トロリくんと麻麻ちゃんは一応同居という形になっていました。

image
トロリくんはとにかく元気!6月末ということもあり、少し暑い日だったのですが…外で駆け回ったり、木に登ったり、屋根に登ったり。
常同という感じもなく、いろいろなパターンの動きをしていたように思います。

image
屋根裏パンダのトロリくん(笑)

image
一度下山…いや、下山ではないのですけど(笑)下に降りて、生まれたばかりのヒナに浮気をし…。

image
戻ってくると、麻麻ちゃんが外に!
雨がパラつく涼しい時間だったので、外に出てきてくれたようです。

image
急に弾ける麻麻ちゃん(笑)

image
こっち見た!♡(笑)

image
屋根裏で暴れるトロリくんと、丸太で弾ける麻麻ちゃんの図。一体、2頭に何があったのか…同時に弾けまくってました。いやー、おもしろかった。

image
入れ替えの時間が近づき、2頭とも動きが止まりました。

image
いまのうちに麻麻ちゃん撮っておかないと!と連写。

image
トロリくんと麻麻ちゃんがバックヤードに収容され、代わりに出てきたのはマルちゃん!
君に会いたかったんだよ!初めまして(^ ^)
トロリくんとミウちゃんの娘ちゃんです。

image
さっそくリンゴをムシャッと。

image
ちょうだいちょうだい!

image
ミウちゃんに似てる…でもトロリくんぽさもあり。ミウ色のトロリくん、って感じですかね。
めちゃめちゃかわいい…!

image
飼育員さんはリンゴをあげつつ、ガイドをしてくださっていました。

「レッサーパンダは…こういう特徴がありまして…こんな手の形で…」
正統派のわかりやすいガイドです。
「この子はマルという名前で…カープの選手から…」
広島らしいトークもあります。
「皆さん、レッサーパンダ可愛いですか?…可愛いですよね。ほら、こうやって立って食べるところなんてとても可愛いですよね」
突然のうちの子可愛いトーク。大好きです!!!

とにかく、完璧なガイドでした。素晴らしい。

image
マルちゃんがリンゴを食べていた裏で、室内は…

image
まさか会えるとは!正式公開前でしたが、練習中のキラくんに会えました。
平川から婿入り、マルちゃんのお婿さんになる予定です。
どこかで会った事、ある?(▼ ▼)
羽村のソラちゃんとは双子の兄弟です。

image
練習中であったため、もちろん単独展示でした。
現在は公開中、ときどきマルちゃんとの同居の練習をしているようですね。

image
ボディチェックもしっかり。
このあとは雨が強くなり、マルちゃんもキラくんも寝てしまったので、帰路に着きました。



image
初めての安佐動物公園、大変楽しむことができました。
日本平に来てくれて、たくさんの子供を残してくれたナラちゃんの故郷、日本平で愛されていたミウちゃんがお嫁さんとして、母として頑張っていた場所、どうしても行きたいと思っていました。

園内の図書館も見たのですが、ナラちゃんのお母さんであるバナナちゃんの資料がありました。
バナナちゃんは当時、双子で生まれ、人工哺育で育ちました。
その後、ロンロンというオスの間に子供がたくさん生まれ、ナラちゃんを含むたくさんの子供たちを自らの手で育てたそうです。
バナナちゃんの孫である、シーとミウも人工哺育で育ちましたが、見事どちらも自然哺育で子供を育てました。
ここに縁を感じられずにはいられません。

資料の中でしたが、バナナちゃんにも会うことができ、とても幸せでした。


資料が見切れないくらいとてもたくさんあって…(笑)それが見たいので、また安佐には行くつもりです(^ ^)
来てよかったなあ。




【おまけ】

image
麻麻ちゃん、本当に足裏が真っ白!!ビックリしちゃいますよね。