image
四股踏んでました。
お久しぶりのムータンです。でかくなって…本当でかくなって…(震え声)

6/10に婿入りが決まったムータン。会いに行ってきました。

ムータン♂ 2014.6.19生
母:ジャスミン
父:ウーロン
2015.6.10 鯖江市西山動物園に移動予定

ジャスミン、ウーロンは2013年に中国から日本、京都市動物園にやってきた個体です。その間に生まれた初めての子どもが、ムータンです。
血統の偏りがいよいよ大変なことになってきた(個人的印象ですが)、日本のレッサーパンダ界。
ジャスミン、ウーロン、そしてムータンにかけられた期待は大きいのです。

ムータンは生後1カ月のときに、母ジャスミンの体調不良が原因で、人工哺育に切り替えられました。
非常に心配なニュースではありましたが、立派に大きく育ったムータン。また、他個体との同居生活も経験しました。きっと西山でもうまくやっていけると思います。

image
メタセコイアの放飼場には、母ジャスミン。
午前中は暑かったためか、木陰で休憩していました。寝方が寝方だったので、人だかりができていた時間もありました。さすがジャスミン。

ジャスミン♀ 2010.7.14 重慶生まれ
→2013.3.30 京都市動物園に移動、命名
父母ともに不明

image
お腹がかなり大きくなっていました。
昨年は6月19日に出産がありましたし、今年もそろそろでは…と思いました(^ ^)
むしろ産休に入っていると思ったので、会えてラッキーでした。

(雑談になりますが、レッサーパンダの誕生日って、兄弟の誕生日は特に近いパターンが多いですよね。母パンダが毎回、同じくらいの時期で出産をしているというか。例外もありますけど、やっぱり周期的なものがあるんですかね?)

image
昨年来た時は、クローバーがジャングル状態になっていましたが、今年はおとなしめ。
(三角屋根の下の子は古都ちゃんです)
なんでかなあと思ってましたが…

image
ジャスミンも…

image
ウーロンも…

クローバーを食べていました。
食べまくってました。
ジャスミンに至っては、葉ばかりか花をプチプチと、まるで笹の葉を食べるかのような勢いで食べていました。

image
わかりますかね、これ。
ピョンピョンと軸が生えていますが、軸の先には本当は花がついていました。
結構食べられちゃってます。花を食べているのは初めて見たので驚きでした。
…その割には笹を食べてなかったなあ。おいおい、ニーガラポンヤ(笹食べ族)の皆さん。

ちなみに、調べてみたところ、クローバー(シロツメクサ)の花と若葉は美味しいらしく、ヒトでも食用にできるらしいです。

image
クローバー狙ってる?ウーロンくん。
午前中はここに古都ちゃんがいましたが、午後はウーロンと交代してました。

古都♀ 2009.7.9 徳山動物園生まれ
→2011.3.16 京都市動物園に移動
母:栃@旭山動物園
父:コタロウ

ウーロン♂ 2011.6.5 重慶生まれ
→2013.3.30 京都市動物園に移動、命名
父母ともに不明

image
動物が一番イケメンになる瞬間を撮りました。
要するにトイレ中ってことです。
なんでトイレ中ってキメ顔するんですかね。謎です。

image
そして、奥の方に茶々さんがいたのです!
1年以上ぶりの茶々さんでした。嬉しくて嬉しくて。
見える限りでは、毛並みも足取りも良好でした。とうとう22歳になりますね…。

茶々♂ 1993.6.27 茶臼山動物園生まれ
→1995.5.30 京都市動物園に移動
母:花花(ホアホア)☆
父:勇勇(イーイ)☆
双子の妹:ミンミン☆(大崎のキキ&東北サファリのテンテン兄弟の母にあたります)

2014.1月から療養しており、なかなか会うタイミングがありませんでした。
温度変化の厳しい京都では、体調不良が起こることも多かったと思いますが…すっかり元気そうで良かったです。
飼育員さん、獣医さんのおかげですね。ありがとうございます(^ ^)!


image
それにしても、ムータンは大きくなりましたね。

2014-12-23-11-08-40
冬頃はまだまだ小さかったムータン。もう大人になるんですね。

ジャスミンに、飼育員さんに、そしてファンに愛されたムータン。
きっと鯖江でも可愛がられるはずですね(^ ^)

リニューアルした鯖江のレッサーパンダエリアで、無邪気に遊ぶムータンとその子供たちの姿を夢見て…
ムータン、がんばってね!鯖江にも会いに行くよ〜(^o^)/