静岡県にかつて住んでいたワタクシですが、静岡県には日本平動物園以外にも素晴らしいレッサーパンダ飼育園館があるのです。
その一つが伊豆にある、「熱川バナナワニ園」!

…レッサーパンダ要素のない名前だと思いましたか。
バナナって…熱帯植物園か!!
ていうかワニかよ!!
というツッコミが聞こえてきそうです。

しかし驚く事なかれ、レッサーパンダ飼育頭数はなんと現在22頭、国内一の頭数です。
かつ、他の動物園にはいないネパール系のレッサーパンダであります。

2013-05-27-13-36-00


この子たちは、2012年生まれの双子ちゃんです。左がメス、右がオスです。
熱川っ子は名前がないのですが、この子達は名前が無いことなどなんの問題もならないくらいに印象的な子達でした。

見に行った当時は2013年,まだこの子達が一歳になったばかりくらいの頃でした。
しかもお昼時ということで、他のレッサーパンダたちはみーんな熟睡…。若いこの子たちだけがもっさもっさ歩いて、ガキガキとオリを登って、もくもくと笹を食べておりました。

そして、飼育員さんが現れた瞬間に、写真のようにピタッと止まりました(笑)
笹をくれ〜という視線、というかガンを(笑)とばしていましたよ。


可愛らしいこの子達、実は血統的にかなり危うい状態でした。聞いた話だと、熱川でしかネパール系のレッサーパンダが飼育されていない&海外からの個体導入がここ数年ストップしているということで、この子達がペアを組める相手が国内にいなかったのです。

日本のレッサーパンダ血統登録者の尽力により、今年、オランダよりネパール系のレッサーパンダ2個体が熱川バナナワニ園にやってきました。
ペリーとオリビアという名前がついている子のようです。久しぶりの海外からのレッサーパンダ導入…とても嬉しいことですね。

そして、その2個体の代わりに、この双子は海外へと旅立ちました。
愛嬌があり、可愛らしい2匹、きっと海外でも人気者になることでしょう。
遠い遠い国から、2匹の吉報がいつか聞こえてきたら…と思います(^ ^)

大好きな双子ちゃん!
海外でもがんばるんだよ!
2匹が幸せに暮らせることを、日本より祈っています。