レッサーパンダ

レッサーパンダ詣 in 仙台 +α

image
コナツちゃん初めまして♪

今年のゴールデンウィークは、実家に帰っていました。
長野からどこか、行ける場所があれば行きたいな〜と、行きの特急しなのの中で考えること30分程度。

次の日の朝には仙台に着いていました٩( 'ω' )و
今回は八木山動物公園です!
東北、行ったことなかったんですよね。行ってみたかったのです。

image
信じられないくらい混んでいたのと、地下鉄の乗り換えにちょっと迷ったのもあり、八木山動物公園のレッサーパンダ舎に着いたのは11月頃。
外にはコナツ&クルミ親子が出ていました(^ ^)
コナツちゃんはモフモフですねぇ。いいですねぇ〜。

image
クルミちゃん初めまして!
めっちゃかわいい…焦げパン、とても良いです。

image
クルミ&コナツ親子のツーショット。
コナツちゃんはよく食べます。

image
コナツちゃんはお母さんよりも大きく見えました(笑)

image
クルミ&コナツの隣は、お父さんのティエンくん。
ずっと寝ていましたが、午後からのリンゴタイムでは覚醒!

image
リンゴタイムはクルミ&コナツからだったので、ティエンくんはせわしなく待機。
これが噂の動きか…(笑)

image
混み混みだったのでほとんど撮影はできませんでしたが…なんとかコナツのうまうま顔を見ることができました。

image
クルミ&コナツはここで撤収。交代でコナツの姉、スモモちゃんが登場!
…ちょっと寝ぼけ顔ですね(笑)

image
おリンゴをいただく姿は麗しく

image
おねだり中もおしとやか

image
とっても美形ちゃんで、すっかりファンになっちゃいました。こんなにかわいい子がいたんですねぇ。

image
手渡しで食べる笑顔もとっても素敵!

image
緑の似合う、とってもかわいい女の子でした╰(*´︶`*)╯
ヤンヤンはこのときはまだ非公開でしたが、現在は公開されているようですね。
スモモちゃんのお相手ということで、今後がとても楽しみです!

image
リンゴタイムはティエン父ちゃんに交代!
娘よりもかわいい笑顔です(笑)

image
ティエンくんにご協力いただき、レッサーパンダの脚の爪を見ることができました〜
飼育員さんの解説もとても上手でした。レッサーパンダたちとの絡みもあり、見ていて楽しい解説でした。

image
スモモちゃん!また来るね!


あまりゆっくり見ることはできなかったのですが、八木山、とても良いところでした。
愛知県からだと少し行きにくいので、また長野から行けたらいいなぁ。


ーーーーーーーーーー

ここから先はかなり個人的な内容です(笑)

仙台に向かう東北新幹線の中、景色が綺麗だな〜と思いつつ…仙台に住む先輩に連絡を取りました。

なんの前振りもなく
「先輩!仙台向かってます!時間あったら会いましょ!」
とノリで送ってみたら、

「え?!?!マジで?!いいよ!」

と、まさかのオーケーがいただけたので、動物公園の帰りに先輩に会ってきました(^ ^)

過去も、そして今もお世話になっている先輩なので、会うことができてとても嬉しかったです(^ ^)
先輩いなかったら、今の私もいないもんなぁ…なんて(笑)
自分のことを理解してくれている人に会うと、とても元気になれますね。
先輩、ありがとうございました(^ ^)


そんなわけで、仙台での思い出はとても良いものになりましたとさ( ^∀^)
牛タン食べ忘れたけど( ^∀^)

2017年もよろしくお願いします

image
まがおまつばであけおめです。
今年のパンダ初めは日本平動物園(2年ぶり2回目)でした。

あらためて…
あけましておめでとうございます(^ ^)
今年もよろしくお願いいたします。

昨年の初訪問園はみさき公園、大崎公園、神戸どうぶつ王国、だったかな。あんまり開拓できてないですね(^_^;)
マイペースに色々な園に訪れることのできる年にしたいなぁと思います。

リンゴプレゼント大作戦🍎

image
リンゴ畑からこんにちは。
リンゴ農家のわたなべです。
嘘です。農家の娘ですが、農作業はほとんどしてません。笑

毎年、一年を通してよく行く日本平動物園と、お気に入りのミホがいる姫路市立動物園には、レッサーパンダ宛にリンゴを贈っているのですが、今年はなんだか面白いものを贈りたいなぁと思い、こんなことをやってみました(^ ^)

image
レッサーパンダの名前入りリンゴ🍎です!


地元である長野県某町某小学校(母校)では、リンゴ畑で農作業を行う授業がありました。
自分も小学生のときに農作業を行ったのですが、そのときの担任の提案で文字入りリンゴを作ったことがあったのです。

まだ青いリンゴに、ガムテープを自分の名前の形に貼り、赤くなるのを待ち、収穫後にテープを剥がすと、自分の名前入りリンゴを作ることができました。
今回はそれの再現です(^ ^)

image
まずはシール作り。今回は黒い布テープを使用しました。遮光だけでなく、雨風に耐える丈夫なテープが必要です。

image
夏頃、まだ青いリンゴにテープを貼ります。
文字入りもですが、レッサーパンダ顔型をね…一番力を入れて作っていたのです。

image
10月頃、母から送られてきた写真です。
今回は父母から全面的に協力をいただきました。ありがとうございました。

image
こちらは11月に様子を見に行ったときの様子です。赤くなりましたが、収穫はまだです。

image
収穫直前。雪が降りました。父から送られてきた写真です。唖然としましたが、リンゴは無事でした(^_^;)

image
12月、無事収穫は終わり、シールも剥がしました。こちらは成功したリンゴたちです。

image
顔型は…カタチは成功しました。カタチは。

image
ですが、顔型と名前入りの一部は失敗となりました。収穫後にネズミにかじられたのです…。・゜・(ノД`)・゜・。
かじられ跡は絶妙に隠してありますが、4つとも後ろ側は大変悲惨な状態です。

母が特に楽しみにしていたので、この結果にかなりショックを受けていました…来年また一緒に頑張りたいと思います(^_^;)
そしてシーちゃん、スミレ、ごめんね(T . T)
顔型はホーリー用と友人へのプレゼント用に、と思っていたのですが…ううう全滅するなんて。未だにショックです(^_^;)


image
全然関係ないですが、いま実家にネコがいます。保護ネコの男の子です。この子が本当に可愛くて可愛くて、リンゴの様子を見に行くと言いながら、ネコに会いに実家に帰っていました(笑)

リンゴを収穫後、箱詰めをして、伝票を書いて…とやっているところをネコに邪魔され、伝票がグチャグチャにされました(笑)賑やかになりました。


そんな感じでいろいろ苦労(?)をしながら、無事、日本平動物園と姫路市立動物園にリンゴのプレゼントをすることができました(^ ^)
協力してくれた両親には感謝しかありません、ホントに。

プレゼントできた時点で、自分としては達成感に満ち溢れておりました。
リンゴの味見もしましたが、今年もバッチリ蜜入りで美味しかったですし。

ですが、どちらの動物園さんも、名前入りリンゴにブログ等でレスポンスをくださいまして…!本当に嬉しいです。ありがとうございました!
以下、名前入りリンゴをプレゼントする様子を紹介させていただきます。どちらも動物園の公式ブログ、ホームページへのリンクとなっています。

姫路市立動物園:姫zooぶろぐ「レッサーパンダに贈り物」

日本平動物園:飼育日誌【ブログ】レッサーパンダのクリスマス

まさか、自分の作ったリンゴとレッサーパンダのツーショットが見られるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです。
みんなね、いい顔で食べてるんですよ(笑)最高に可愛いですし、それだけで十分幸せです。

最初の頃は「リンゴをレッサーパンダのエサにするのかよ〜」と言っていたうちの両親も(泣)、リンゴを食べるレッサーパンダたちの写真を見て大変喜んでおりました。なんだかんだ、うちの家族は動物好きなのです。

家族ともども、感謝申し上げます。
姫路市立動物園の皆様、日本平動物園の皆様、ありがとうございました。

また、日本平でのプレゼントの様子を見たり撮影してくださったレッサーパンダファンの皆様、インスタグラムやツイッターで、リンゴの成長過程を見守ってくださったフォロワーの皆様にも感謝します(^ ^)ありがとうございました!


リンゴプレゼント大作戦🍎大成功!でした(^ ^)
来年はもっと色々作ってみたいと思います!

鯖江🍁紅葉パンダ

image
ご無沙汰しております(^_^;)
鯖江のひかりちゃんでご挨拶。

一ヶ月以上放置している間に、色々な場所に行きました、が、特に記事にもせず申し訳ないです!
特に何も変わりなく、パンダ巡りばかりしております(^ ^)

鯖江では全メンバーに会えましたので、そちらの写真をば。

image
咲弥ちゃん。

image
モッチー。おおきくなりましたね〜(^ ^)

image
ミルキー。

image
初めましてのシュンシュンおじいちゃん!

image
シュンシュンはニンジンの避け方が見事で(笑)このあと見たら、ちゃんと食べていました。

image
大天使キラリエル様!キラリエル様お美しい!!
…キラリちゃんとヤンヤン君の夫婦(^ ^)

image
たいようくん。さらにイケメンになりましたね〜(^ ^)
たいようくんは新施設、ミルキーは旧施設でしたが、ペアリングはどうなんでしょうね?聞けばよかったなぁ。

image
3年ぶりの再会?ライトくん。かわいい!

image
ライトくんはよく木登りをしていました。

image
双子のひかりちゃんと無理やりツーショット(笑)

image
なんとまあ2年ぶりの再会、ムータン。母ジャスミンそっくりです。

image
ムータンと同居中のティアラ。

image
紅葉とひかりちゃん。ひかりちゃんマジ天使!

紅葉パンダが見られてよかったです。リンゴタイムもやってましたし、ティアラとムータンの弾けっぷりも見られましたし、大満足の鯖江でした。


image
道の駅にこんな絵が入ったハガキが売っていました(^ ^)早速パンダファン様へのお手紙に使わせていただきました(笑)ハガキだけでなく、メッセージカードのような小さなもの、別の絵柄のものもありましたので、ぜひ探してみてくださいね。

敬老の日、キキさん、ミクちゃん!

image
大崎公園内の子供動物園に行ってきました。ミクちゃん、ごはんタイムです。

ちょうど実家に帰省しており、埼玉のどこかの動物園に行きたいと思っていました。行こうと思った日が敬老の日だったので、これはもうおじいちゃんおばあちゃんパンダのいる園に行くしかないと思いました(^ ^)

image
門があり、このすぐ奥がレッサーパンダ舎です。
訪問2,3ヶ月前はキキ&ミクの誕生日だったとのことで、おめでとうのメッセージを集めたボードが掲げられていました。
キキ&ミクが地元の方にとても大事にされているのだとわかり、嬉しく思いました。

image
キキさん初めまして!
なんと、笹を食べているところでした!キキさんは19歳…国内2番目の高齢パンダとなりました。すでに笹を食べるのは難しいのではと思われましたが、訪問日は笹を食べる姿が何度か見られました。
そして、体も大きい!歩く姿も危なかしいところはなく、元気そのものでした。

キキ♂
1997.6.18 茶臼山動物園生まれ
→1999年 大崎公園子供動物園に移動
(大崎公園最初のレッサーパンダ)
双子の弟:テンテン☆

image
お外にはミクちゃん!あ、眠そう(笑)
最近まで日本平にいた、アーヤ&アーニャの1つ下の妹です。また、現在最高齢の宝宝さんの娘でもあります。
アーヤにそっくりですが、アーニャのように見えることも。久しぶりにアーヤ&アーニャに会えたような気がしました。

ミク♀
1999.7.20 秋吉台サファリ生まれ
→2012年 大崎公園子供動物園に移動
母:香☆
父:宝宝@秋吉台サファリ
双子の兄:リク☆

image
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ミクちゃんは両目とも白内障となり、現在はほとんど見えていないようです(明るさなどはわかるようです)。
以前のミクちゃんを知らないのですが、白内障とはいえ行動が大きく制限されたようには見えませんでした。
屋外を広く歩き、小屋やお立ち台の場所もしっかり覚え、なんなく上り下りしていました。

image
そして、冒頭にも載せましたが、ミクちゃんは担当さんの膝の上でごはんタイム(笑)
とってもかわいいです。エサが終わったら即座に降りるドライなところもよいです(笑)
ごはんタイム中、担当さんはミクちゃんの体をブラッシングし、綺麗に整えていました。ミクちゃんも嫌がっている風ではなく、そのおかげか毛並みがとても綺麗でした。ちなみにキキさんはあまりブラッシングが好きではないようで、担当さんも苦心しているようでした(^_^;)が、毛並みはキキさんもとても綺麗でしたよ。

image

ミクちゃん「もうリンゴないのぉ」
丸太でおねだりミクちゃん(^ ^)リンゴはもうありません(笑)完食です!
キキさんも完食でした!

image
キキさんはあまり寝ることもなく、散策したり笹を食べたり。
私は本当におじいちゃんを見に来たのだろうか?と思ってしまうくらい元気でした(^ ^)

image
雨が強くなってきたので、小屋の中でミクちゃんはおやすみなさい。

image
おやすみ、ミクちゃん。また会おうね(^ ^)



一見地味な動物園ですが、とてもあたたかく、また、飼育員さんの熱を感じられました。
無料の園、小さな園だからこそできること、でないとできないこと、に最大限に挑戦していると感じました。

大崎公園初めてのレッサーパンダはキキさん、来園から17年が経ちました。過去にはラミー(現在富山)を飼育し、4年前からミクちゃんを飼育し、大崎公園にいたことのあるパンダは全部で3頭です。

3頭だけだからこそかもしれませんが…担当さんたちは一頭一頭に時間をかけて接し、細かく観察し、その子にとって最善の方法で飼育をしていると感じました。
キキさん、ミクちゃんの夕ごはんのお皿をたまたま見せてもらったのですが、2頭のエサの内容は全然違いました。これは2頭の出身園に即した内容となっており、特にミクちゃんはある程度歳をとってからの移動であったので、秋吉台で与えていたエサになるべく近づけているとのことでした。

そして、3頭の顔ぶれからわかると思いますが…直接的な繁殖目的の飼育ではないのです。若い個体の繁殖のための移動、繁殖の順が回ってくるまでの待機など、間接的ではあるものの繁殖への貢献をしていると感じました。
こういう役割を担う園もあるのですね。

最近では不定期のレッサーパンダガイドをしながら、キキ&ミクの様子を観察したり、ブラッシングをしたり、様々な変化があるようです。

細やかで優しい飼育の元、キキさんとミクちゃんは元気に、主観ですが幸せに過ごしています。
ぜひ、訪問してみてくださいね(^ ^)
ギャラリー
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α
  • レッサーパンダ詣 in 仙台 +α