シュウシュウ

やさしいじぃじ

image
何を書けば良いのかまだわからないけれど。
お別れの言葉とお礼を言わなければならない、レッサーパンダがいます。

彼との出会いは、2年前でした。その前から知ってはいたものの、よく見ている個体ではありませんでした。
卒業研究のために動物園に通うようになった、そんな時期でした。

彼は、若い女の子のスミレとペアリングをしていました。
理由を聞くと、スミレは気の強い男の子タクと昨年のペアリングで上手くいかず、今年は優しい彼とペアリングを組ませるという計画があるとのことでした。

気が強い、攻撃的というのは動物の行動を見ていればわかるような気がしたものの「優しい」とはなんだろう?とその時は思いました。
観察をしよう、と決めました。

彼とスミレの距離は約2メートル。
少しでも近づこうものなら、威嚇をするスミレ。すれ違いざまに鳴き声を発し、逃げるスミレ。
これはダメだ、と思いました。
しかし、彼は威嚇することもなく、スミレの鳴き声を聞いたらすぐに距離を置きます。スミレの姿を見つけたら、ルートを変えて散策をします。

スミレが彼に興味を持ち始めたのは、その後すぐでした。
少しずつ近寄って、彼の匂いを確かめる行動が増えました。すぐに逃げるものの、その回数は増えていきました。
彼はスミレへの態度は変えませんでした。何かを理解しているかのように。

夕ご飯の時間の前に寝室に向かう、日本平のレッサーパンダたち。彼とスミレも、寝室へ行くためにドアの前を激しく往復します。
距離は当然近くなるため、スミレの威嚇も増えますが、彼はうまく距離を置いて自分の行動をとっています。
ときどきかち合うものの、彼が怒ることはありません。

どさくさに紛れて、スミレの匂いを確かめていたのは、このときだったと思います。
少しずつ距離を縮めようとする、彼の意志を感じました。動物の意志?こんなに考えて行動を取るものなんだろうか。不思議に思いました。
そんなことを考えているうちに、スミレと彼はともに寝室に帰るようになったようです。今までは一緒に帰ることなどなかった、と聞きました。

動物の優しさ、の定義はわかりません。
ただ、この一連の流れを見て、相手の行動を考え、自らの行動を考えるレッサーパンダが、動物がいることを知りました。これを優しさとか思いやりとか言うのかもしれません。
彼が柔軟に状況を受け入れ、行動をとっていたことは確かでした。

残念ながら子供が生まれることはなかったため、ペアリングは失敗だったのだと思います。
しかし、極度の怖がりであったスミレが、他のパンダと一緒に過ごすことができるようになったのは彼の功績です。同じ空間で隣同士で眠ることができるようになったのは、彼の存在をスミレが受け入れたということです。彼がスミレを常に受け入れていたおかげかもしれません。
スミレがまるで母親のように巣材集めをするようになったのも、もしかしたら…。

ここまでは私が見てきたことですが、それ以外にも彼の功績は多くあることと思います。
相手を亡くしたナラに、新たなペアとしてやってきた彼は、当時の日本平の期待を背負っていたのではと思います。
その期待に見事に応えた彼。死産等が多かったものの、ほぼ毎年の繁殖実績がありました。

人工哺育となった娘は3頭(クゥ、シー、ミウ)いましたが、同居というオスのレッサーパンダとしてはイレギュラーな環境も受け入れ、娘とともに過ごすことができました。
娘に生きるために大切なことを教えたことも、あるかもしれません。パンダの社会を教えたのは、彼かもしれません。人工哺育の娘のうち2頭は、立派な母親となり、自らの力で子育てをしました。

日本平がリニューアルされ、新たな飼育場になってからは、様々なパンダとの交流もありました。
年上の女の子とのペアリングで、負けたこともありました。
若い男の子と同じ場所に出てしまったこともありましたが、喧嘩もせず穏やかに対応していたそうです。
ガラス越しに変な行動をする孫にはちょっとイラついた時もありましたが…。

最後は飼育棟でのんびりと…そんなときに、彼にとって一番小さな孫に出会ったそうです。彼は小さな男の子に何を教えたのでしょうか。男の子はこれから、どんな大人に成長するのでしょう。



シュウシュウ。
娘は4頭、孫は5頭が元気にしているよ。ヤマトに会った時は、弟を亡くしたばかりだったから、元気づけてくれていたのかな。そっちには孫が2頭いると思うので、一緒に遊んであげてくださいね。
スミレもいろいろあったんだけど…もしかしたら、君のほうが近くから見えたかもしれないね。今は元気に過ごしているよ。
そういえば、スミレのお父さんの育ての親は君のお母さんなんだってね!
君の優しさ、受け入れる器の大きさはお母さん譲りだったのかな。

もう少し元気でいて欲しかったけど…自分のやるべきことはこれで全部だ!って思っていたのかな。潔い去り際だって考えるとかっこいいけど、もう少しゆっくり過ごしても良かったと思うよ。寂しいじゃんか…。

関わったすべてのレッサーパンダに、ニンゲンに、たくさんのことを教えてくれてありがとう!
今まで出会った中で一番かっこいいレッサーパンダでした。
ゆっくり休んでくださいね。本当にありがとう。

日本平、シー仔ツインズ公開中…かも!?

怒涛のレッサーパンダ赤ちゃん、公開ラッシュでございます。
せめて近くだけでも!と京都、鯖江、そしてこれから載せる日本平。3園で赤ちゃんたちに会うことができました。
……もう旅費がありませんので、しばらくはレッサーパンダ禁、いや、外出禁止ですね(^_^;)

ということで、公開ラッシュ期間最後のコパンダ記事となります( ; ; )
日本平動物園に行ってきました!!


image
まずは赤ちゃんの姉にあたる、まつばです。
静岡も涼しくなってきたので、お外まつばです。キラキラかわいいまつば(^ ^)

image
赤ちゃんのお父さん、タクです。
しっぽの毛が夏はしょんぼりしてましたが、見事復活、全身モフモフになっていましたよ。
三年連続でパパ、おめでとう\(^o^)/

image
そしてシーちゃん!久しぶり!
嬉しい〜嬉しいよ〜。・゜・(ノД`)・゜・。
赤ちゃんのお母さん、シーちゃんです。
今年は見事、双子の赤ちゃんを立派に育てています。

image
リンゴが終わり、物足りないシーちゃん…(笑)

image
迫り来るリンゴタイムに期待大のまつば。目がギラギラ…(笑)

image
お待ちかねのリンゴに、むひゃー!なまつば。
本当に良い顔するなあ(^ ^)

image
「ばか美味いんだけどぉ」
そんな感じで静岡弁で語ってそうなまつば♪

この日、リンゴタイムに巨峰が追加されていました。実は私が日本平に送りつけてしまった巨峰でして…(笑)
おかげさまで、巨峰をうまうましているレッサーパンダたちの様子を見ることができました。飼育員さん、本当にありがとうございます!

image
「リンゴタイムにブドウが出るなんて聞いてないんだもん、びっくりして落としちゃったよう」
まつばさん、驚かしてごめんね〜
夕飯ではゆっくり食べてみてね。

image
猛獣館で、猛獣にまったく見えない激かわなバニラちゃんを堪能して…

image
ペンギン館の絶景を堪能して…



image
シー仔ちゃん、初登場です!
色が白いぞ、タク色だぞ〜!

image
でも眉の形や鼻の高さはシーちゃんだぞ〜!
なんて愛らしい…(´Д` )❤︎

ですが、30秒ほどで引っ込んでしまいました(笑)
どちらだったのかさえもわからず(^_^;)
いやでも会えないと思ってたから、感動感動です。

image
その後も、真っ黒なシュウシュウを堪能して…

image
駆け回るスミレちゃんに愛を叫んで…

image
まつばを堪能して…
ぺろりんちょ(´Д` )❤︎


image
またも登場ー!!
さっきの子と同じかどうかもまったくわかりませんが!!
かわいいから大丈夫!

image
しかも、今度はしっかりと外へ!
なんてちっちゃいんだ!かわいいぞ!ウワアアア

image
よちよち歩く赤ちゃん。シーちゃんのあとをつけて頑張って歩いたり、シーちゃんを見失うと頑張って鳴いたり。
ガラス越しなのですが、鳴き声が聞こえてきて驚きました。コパンダの鳴き声は、かなり大きく響く声のようです。

このあと3分ほど外で歩き、シーちゃんによりコパンダは強制送還されました(笑)残念!でも、シーちゃん、コパンダくんありがとう!

双子そろって見ることはできませんでしたが、姿を見ることができてラッキーでした(^ ^)


さて、コパンダたちは公開こそされていますが、見られるのは完全にコパンダとシーちゃん次第です。
双子を見たい!という方は…もう少しあとになってから訪問されるのをオススメします(^_^;)


image
コパンダ撮影後は、たっぷりとまつばを堪能させていただきました。
よく考えたら、カメラを新調して初めてのお外まつばなんですよね。
嬉しくてたくさん撮っちゃいました。

久しぶりの日本平、レッサーパンダで充実した1日となりました。

いきものウィーク@日本平動物園編

今週も一週間お疲れ様でした(^ ^)

今週のTwitterでは、#いきものウィーク というタグが熱かったですね。
月曜日は #あかちゃん
火曜日は #たべもの
水曜日は #ひみつ
木曜日は #おみやげ
金曜日は #にんきもの
土曜日は #おすすめ
日曜日は #さつえい

それぞれのテーマで、動物園水族館の公式アカウントや動物好きの皆さんが様々な写真をツイートしていらっしゃいました(^ ^)
今日のブログはこれをパクります。
清々しいまでに宣言します。パクります。

しかも日本平動物園バージョンでやらせていただこうではありませんか。


(1)あかちゃん
image
はいドーン!
まつばちゃん!2014.7.17生まれ、ギリギリあかちゃん!
食べる量も体も、もう完全にオトナですけどね。表情はまだ幼げ。看板元気娘でございます。
また、4/10に、ワオキツネザルの赤ちゃんも生まれています。フンボルトペンギンも、雛の姿が確認されたとか。
ペンギンはまだ見られなさそうですが、ワオキツネザルはバッチリ見えます!ぜひご覧になってくださいませ。

(2)たべもの
image
レッサーパンダのりんごタイム♪
タクちゃんです(^ ^)
新年度ですが、りんごタイムは昨年度と変わらず11:20から開始されます。
また、まつばだけは夕飯タイムも見ることができます。リンゴ、サツマイモ、ニンジン、ブドウなど色々なメニューでありますが、まつばが何から食べるかをじっくり観察するのもオススメ♪
最近は、サツマイモはわりと早めに無くなる傾向にあります。芋似合うわー

image
アザラシのお魚タイム♪
毎日15:00より、トレーニングを兼ねたごはんタイムがあります。
左から「ソラくん♪ソウヤくん♪シズちゃーん♪」です。声をかけながら魚を投げてあげるのですが、飼育員さんの言い方がめちゃかわいいです(笑)
ソラくんは旭山動物園生まれ(あざらし館の繁殖第一号!)、ソウヤくんとシズちゃんは稚内生まれと、全員が道産子であります。
この3頭、泳ぎも性格もはっきりと違うので、じっくり観察していただくことをオススメします。
特に、ソラくんはマイペースかつ面白いです(笑)

(3)ひみつ
image
え、またアザラシ?っていう。
アザラシは旭山のパク…いえ、旭山をリスペクトして作った水柱水槽があるの
ですが…撮影するならここのポイントです。
なんでかって、3頭とも、ここでは顔をお客さんに向けるのです。
ちょうど水槽のUターンポイントらしく、顔をこちらに向けて泳ぎ、ガラス面でターンして水柱水槽に向かうのです。
ターンの仕方も、3頭で全然違います。華麗にターンをしていく子、お客さんをチラ見しながらゆっくりターンをする子、ゆーっくり泳ぎながら水槽に体をムニッと押し付けてターンしていく変な子(笑)…どれがどの子のターンなのか、現場で確認してみてくださいね♪

(4)おみやげ
image
動物園協会の売店の新商品、バイソンソフトです!
バイソン舎改修に伴い、群馬サファリパークに引っ越していたマックとモモ。バイソン舎が無事完成し、2人が帰ってきた記念にできた新商品だとか。泣かせるねえ。
そして!なんと!新商品「レッサーパンダキャラメルラテ」も近日販売予定!レッサーパンダのラテアートが施してあるのだそう(^ ^)
また、「フラミンゴオレ」という見た目はパフェのようなソフトクリームも近日販売!試作品を見ましたが、めちゃうまそうでしたよ(‘∀‘ )ワクワク

(5)にんきもの
日本平動物園の人気者はレッサーパンダとホッキョクグマですが、その中でも特に、個人的に(笑)オススメな個体をば(^ ^)
image
まずはレッサーパンダのシーちゃん!かわいい!!かわいいよ!!!
まずね、現在のレッサーパンダ界一の美少女です。誰がなんと言おうと、彼女を超える美しさのレッサーパンダは他にいません。個人的見解とはいえ。
シーちゃんは三保の松原姉妹…ミホとまつばのお母さんです。また、風太とは父親違いの兄妹でもあります。妹ですね。
だからなのかなんなのか、立つのが上手です。
image
なんなのこのかわいさは…。
人工哺育育ちではありますが、ミホとまつばを自分の力で育てた、素晴らしいママでもあります。可愛い顔をしていますが、やんちゃ坊主のペアであるタクを丸め込み(笑)、不思議少女ミホを育て上げ、元気爆発少女まつばの相手もしっかりこなしたシーちゃん…もうね、女としても尊敬します。
ぜひ、シーちゃんの可愛さと魅力に、たくさんの人が気付いて、やられてしまってほしいです(笑)

image
ホッキョクグマのバニラちゃん!
派手な動きのロッシーに隠れがちですが、バニラはめちゃかわいいです。
ロッシーが元気でいられるのはこの子のおかげでしょう。じゃれあったり、おもちゃを取り合ったり、ロッシーのバク転を飛び込みで阻止したり(笑)、素敵な女の子です♪
image
珍しく立ったところをみたのですが、足が短いですね。
image
潰れたところも見ましたが、やはり足が短いですね。

(6)おすすめ
image
イチオシはやはり、13:15から始まるゾウのトレーニング。
シャンティさんのみですが、飼育員さんが入り、シャンティへのトレーニングを行います。
毎日行っているそうで、流れるように進んでいきますが…結構とんでもないことをやってます(笑)ゾウにこんな動きができるのか!とひたすら驚きました。
最後のライドは必見ですよ!!
image
ダンボとシャンティ。
そう、4/25はシャンティの誕生日でした。シャンティの誕生日会にテレビ取材も来ていました。この写真はテレビカメラが気になって鼻をのばすふたりの様子です(笑)

(7)さつえい
では、4/25,26に撮った写真をば(笑)
相変わらずのスマホクオリティですが、日本平動物園の雰囲気が伝わればと思います。

image
サイのタロウ。ランチタイムにて。

image
ジャガーのキコ。

image
レッサーパンダのシーちゃん。お立ち台によくいます。

image
ホッキョクグマのバニラ。この角度が好きです。

image
ジャガーのキコとアラシ。飼育員さんをロックオンしました。

image
レッサーパンダのまつば。ニカッ

image
続けてまつば。高みを目指す女子。

image
レッサーパンダのスミレ。静岡はもう暑いね。

image
マレーバクのヒカル。4/27は世界バクの日です。

image
ゴマフアザラシのソラくん。サバとアジに釘付けです。

image
レッサーパンダのスミレとシュウシュウ。最後のペアリング、最後の日。この2人が一緒になることはもうおそらくないでしょう、ゆっくり観察してきました。

最後にimage
レッサーパンダのシーちゃんで〆

日本平れっさーず、元気です!

年が明けて初めて、日本平動物園に行ってきました。
本当は2週間前に行く予定だったのですが、年始の仕事始め直後にインフルエンザに感染しまして(笑)、引きこもり生活を余儀なくさせられておりました。
みなさまもお気をつけて。人混みは危険です(笑)

回復もし、引きこもり生活で落ちた筋力と体力も元に戻ったので、動物園通いを再開しました(^ ^)

…前置きがどうでも良すぎました(^_^;)
早速、こちらのお知らせです。

2015-01-24-10-03-05

アーヤ&アーニャ!新しく、看板ができていました。
療養中、とありますが、実際のところは静養という感じだと思います。お歳ですからね。姿を見ることはできませんが、話を聞くと2匹とも元気とのことでした。
飼育棟の裏には非公開の外の放飼場があるらしく、静かで涼しい場所と聞きました。きっと元気な日は外に出ているのでしょうね。

看板も可愛いですよね〜(^ ^)
アーヤ&アーニャだけでなく、他の子の看板もできていましたので、ぜひ足を運ばれた際はチェックしてみてください。

image

飼育棟にはミホさん。2013年生まれの「やんちゃガール」です。
いやあ、まさか飼育棟でまたミホを見る日が来るとは…。

飼育棟は、レッサーパンダの子育て支援や、高齢の子が静養するための場所ですので、当然ミホも生まれた時はお母さんのシーと一緒にこの中で生活をしていました。
昨年生まれた妹のまつばと母のシーちゃんが先月までここにいましたが、シー&まつばはレッサーパンダ館に移動、ミホが飼育棟に移動…つまり場所を交換するような形になったようです。

2015-01-24-12-47-37

笹をモグモグミホ。
子育て中でも、高齢でもないミホが飼育棟に移動した理由は…きっと嫁入りでしょうね。怖くて聞けませんでしたが(笑)

子ども時代は、この場所でリンゴを食べたことのなかったミホさん。リンゴを怖がるミホに、なんとかしてリンゴを食べてもらおうとする飼育員さんの姿は未だに忘れることができません。

立派に、大きくなったミホさん。可愛くて素敵な娘パンダになりました。
ミホのお相手は、どんなお婿さんなのかなあ?
うちの娘をよろしくお願いします。なんてね(笑)

2015-01-24-14-20-14

おねむミホ。おやすみ〜(^ ^)
たくさん遊んだから電池切れだね。
外を駆け回って、暴れて、木に登ってドヤ顔して、今日も通常運転なミホさんでした。

2015-01-24-15-14-48

レッサーパンダ館の主役様たちです。
上のドヤは母シーちゃん。
下のべっちゃーパンダはまつば。

この親子は本当面白かった(^ ^)
まつばはやっぱり元気!!ですね。
ミホも元気ですが、赤ちゃん時代はマイペースでおとなしめでした。
まつばはもうずっと元気(笑)パワフルというか、いつもみなぎっているというか。

2015-01-24-10-35-04

シーちゃんは、子育て序盤から基本まつばを放置しています。こいつはまぁ大丈夫だろっ!って感じ(^_^;)
今日も基本的にはまつばをスルーしてました。

一方のまつばはお母さんが大好きでたまらないのか遊びたくてたまらないのか、すれ違う時は必ずシーちゃんにパンダアタックをかますという(笑)
バトル原因はすべてまつばでした。断言できます。

シーちゃんは迷惑そうにスルーしているのですが、バトルになると応戦!
そして、おそらくシーちゃんは、勝率100%でした(笑)母恐るべし(^_^;)

まつばに襲われて噛み付かれても、いつの間にかシーちゃんがまつばの後ろに回りこんで、首に噛み付いているんです。で、まつばが「ピィー!(参りましたー!)」と鳴いて終了(^_^;)(^_^;)
そのせいなのかなんなのか、まつばの首の毛が薄かったですwwwシーちゃんwww

2015-01-24-11-25-31

さて、実はタク&シーのペアリングが1/23よりスタートしております。
23日は朝のみ、本日24日は朝と昼のみ短時間、25日以降から本格的にスタートの予定とのことでした。

リンゴタイムの時間に、タク&シーとまつば1人に分けられました。この写真は、扉の向こうにシーちゃんが行ってしまったあとのまつばの写真です。

まつばはリンゴを食べてはいたものの、すぐに異変を感じ、その後ずっと泣いていました。
お母さんどこ!どこにいるの!と。
走る姿も表情も、シーちゃんといる時とは一変、こちらが心配になるくらいシーちゃんを探し、走り続けていました。
今日のお見合いは10分間でしたが、ほぼずっとまつばの泣き声が聞こえていました。
コパンダの最初の試練ですね。辛くとも、いつかはくる別れ。まつばガンバレ!


まつばの泣き声が響き渡る中、シーちゃんとタクはどうしていたのか…

2015-01-24-11-33-47

我関せずで、笹モグモグ。
聞こえているはずなのに、全く反応していませんでした(^_^;)えええ…

ちなみに毎年派手なバトルで有名なタクシー夫妻ですが、今日は一度もバトル無しでした。まあ、10分間だけでしたし、お互い食べ続けてましたからね…。
話を聞くと、最近はシーちゃんがかなり強いらしく、俺様系のタクもタジタジなんだとか(笑)
タクが丸くなったのか、シーちゃんが母強し状態なのか、どちらなんでしょうね(^ ^)
今年も楽しみなペアです。


2015-01-24-11-50-01

館内では、まさかまさか!のシュウシュウ&スミレ!
嬉しいサプライズでした。

シュウシュウは年齢が年齢なので、繁殖能力に懸念があるものの、相性のいいふたりなので、今年もこのペアリングでいくらしいです。
飼育員さんに「最高のペアリング」とまで言われたこのペア。
子どもができてもできなくても、2人が穏やかに仲良く暮らしてくれたら…と、ファンとしては思うのでした。

ガンバレ、スミレ。
よろしく頼むよ、シュウシュウ。

距離感は昨年ほど遠くはありませんでしたが、今年はスミレが強めな感じでした。シュウシュウさんに威嚇&攻撃するスミレさんの姿を見て、軽く衝撃(笑)

2015-01-24-15-55-29

ネームプレートも新しくなりました(^ ^)
かわええ…!

2015-01-24-13-42-21

タクちゃんにニラみをきかされ、本日は終了です(笑)
やっぱりまつばはタクちゃん似だなー。



みんな、とっても元気でよかったです(^ ^)
今年もよろしくお願いします!日本平れっさーずの皆様♪





【余談その一】
リナの姿は見られませんでした。リナがいた場所も、しばらく使われていない様子でした。
おそらくですが、カナダに旅立ったのではないかと思います。
一度しか会えませんでしたが、あの時見たリナとまつばのご挨拶、木登りまつばを心配そうに見つめるお姉さんのようなリナの姿を見ることができてよかったなあと思います(^ ^)
リナちゃんありがとう。カナダに行ったのかな?元気でね!

【余談その二】
リンゴ農家の我が家が作ったリンゴを、今日プレゼントしてきました(^ ^)
リンゴのプレゼントは実は2回目。
ですが、本日のリンゴタイムに使用していただき、初めてうちのリンゴを食べる姿を見ることができました!ありがとうございます!

2015-01-24-12-01-20

シーちゃんが持っているリンゴ、これがうちのです(笑)
めちゃめちゃ美味しそうに食べてくれました♪みんなありがとね!
飼育員さんも、素敵なお気遣いありがとうございました!

2014年パンダ締めは推しメンと♪ 静岡編

お客さんにサービス中のこの綺麗な子は?

2014-12-28-09-21-42
今年生まれのまつばさん♪

日本平動物園に行ってきました。


2014-12-28-13-04-50
大きくなりすぎて、お母さんよりでかいんじゃね?という感じのまつば。
実際、お客さんのほとんどにお母さんだと言われているとかなんとか^^;
もちろん、子供ですので、毛並みがふさふさすぎるだけで、体重は3.4Kg。まだまだお母さんよりも2Kg少ないそうです。
昨年のミホ姉さんの2倍はあるけどね〜笑

image
お母さんのシーちゃんは相変わらずの美形&マイペース子育て。
とはいえ、まつばも大きくなりましたので…

2014-12-28-20-00-14
親子バトルも勃発しておりました。お母さんお疲れ様です。
まつばは一日中、シーちゃんを追っかけては襲いかかり、シーちゃんに足蹴にされたりパンチされたり^^;
ときどき教育的指導という名のシーちゃんの制裁が入ったり^^;^^;
子育てシーンはやっぱり見ていて楽しいですね。昨年のミホとの違いもとても面白いです。


そんなシー&まつばを影から見つめる怪しい子が……?
2014-12-28-20-01-04
なんとなんと、私は初めまして、秋吉台からやってきたリナちゃんです。
リナは現在、レッサーパンダ飼育棟にいます。秋吉台からやってきた当時はレッサーパンダ館の方にいたそうですが、最近飼育棟に移動、奥の放飼場にときどき出されているようです。

リナのことはまだ日本平のホームページ等に載っていませんし、時期等もわかりませんが、のちにカナダに行くことは秋吉台から発表されています。
とりあえず元気にしていましたよ、という現地情報のみお伝えしておきます。

image
めちゃくちゃ見辛くて申し訳ないのですが、まつばとリナがオリ越しに挨拶をしています。
なんでも、まつばとリナは結構仲がいいんだとか。ときどき、このようなやりとりが見られるようです。
まつばからしたら、となりの綺麗なお姉ちゃんのリナが気になるのでしょうね。シーちゃんも特に威嚇などはせず、普通にしていました。

2014-12-28-14-41-42
またリナも、親子の様子が気になるようで、よくシーとまつばを見ていました。まつばが木に登ったときは、シーちゃんもリナもまつばのことを見ていました。血はつながっていませんが、お姉さんらしいリナちゃんを見てほんわかしました(^ ^)

2014-12-28-14-50-35
臆病な子だと聞いていましたが、リナはのびのびとマイペースに暮らしているように見えました。もっと表に出ることは難しいかもしれませんが、短い期間とはいえ日本平で元気に楽しく暮らしてくれたらと思います。


2014-12-28-11-25-33
ミホさんおはよう!
…リンゴ待機の姿勢(笑)
朝イチのミホさんはちょー暴れん坊でした^^;
走るわ跳ねるわ木にぶつかるわ…場内いっぱいに駆け回り、見つけたものすべてに勝負をしかけるミホさん。あんなに小さくておとなしかった子が、成長して不思議な暴れん坊になってしまいました(笑)
ミホさんは動物園の人にもお客さんにも気に入られているようです。やっぱり面白い行動に目が引かれるようで、日本平動物園の代表レッサーパンダの座にあるミホさんなのでした。
うん、ずっとここにいていいんだよ(^ ^)笑

2014-12-28-12-25-44
リンゴむしゃむしゃ、左利き♪
あれだけねだっていたくせに、終盤になると気が散るのか、リンゴを食べながら周りをキョロキョロ見るミホ。飼育員さんも、ミホが何を見ているのかと不審そうでした。

2014-12-28-11-41-59
飼「まだまだあるよ〜」
ミホ「わーいっぱい!」

2014-12-28-14-53-49
リンゴを食べたら笹食べタイム♪
今日は立ち食いミホ♪よきことよきこと(^ ^)

2014-12-28-12-18-53
お父さんのタクちゃん!
リンゴがつがつ、左利き♪リンゴの貰い方が激しくて奪ってるようにしか見えない〜^^;
相変わらずのオスっ気の強さ。来年はスミレとも組むんだよね?もう少し丸くなるんだよ〜笑

2014-12-28-13-56-30
スミレは可愛くスヤスヤ。
日本平の女の子の中で一番むちむちできゅーとなスミレ♪びびりちゃんだけど…無理せず来年もがんばるんだよ〜。

2014-12-28-14-28-22
今年はスミレとのペアリングで素晴らしい紳士ぶりを見せてくれたシュウシュウ。来年は隠居かな?
スミレとのペアリングを願わくばもう一度…と個人的には思っていましたが、ね。無理はしない方がいいよね。
毛並みもツヤツヤになったシュウ様、マイペースにのんびり来年もよろしくね(^ ^)

2014-12-28-14-28-51
シュウ様大回転。

2014-12-28-15-29-21
最後はモデルウォークなミホさんを見てお別れ。
一年間、日本平のレッサーパンダを、特にミホをよく見てきました。
たくさんの癒しはもちろん、学ぶことも多かったなあと思います。

そして飼育員さんをはじめ、動物園の皆様や出会ったファンの方にも非常にお世話になった一年間でした。
こんな駆け出しの、生意気なレッサーパンダオタクに優しく接してくれた皆様には感謝しかありません。本当にありがとうございました。

もっともっとレッサーパンダについて学んでいきたい、もっと知りたい近づきたい。この気持ちを持ち、来年も追っかけていきたいと思います♪

それでは皆様、レッサーパンダのみんな、良いお年を…(^o^)/
ギャラリー
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん
  • 私はあなたのお母さん