ジャスミン

こんにちは、赤ちゃ…ん?

image
だーれだ。
もふもふなこのイケメン…?

image
ヒント、こちらがお母さん。

image
こちらがお父さん。

image
…!?

image
正解は、数日前から公開になりました、古都っ子です(^ ^)

image
めちゃくちゃデカイです(笑)
でもとっても甘えん坊。コロコロ転がっちゃうかわいい子です。

image
甘えられ、攻撃され(笑)、古都お母さんもお疲れのご様子(^_^;)

image
疲れ回復のためには、お休みとお食事。
体は細めの古都ちゃん、ですがいつも以上にモリモリ食べていました。よきかな。
かわいいかわいいお子さまを連れてきてくれて、本当にありがとうね!



image
ジャスミンたちも元気ですよぉ。
ジャスミン❤︎今日も世界一かわいいよ❤︎

image
三頭で朝ごはん。こっちを向いているのがロッポくん。

image
子どもの成長は早いですね。先月よりもたくましくなったように見えます。
左プーアル、右ロッポです。

image
木登りも攻略!弟のプーアルくんから先に登りますよ。

image
あとから慌てて、兄のロッポくんが追いかけます。

前回見た時は、やんちゃっ子がロッポ、慎重派がプーアルという印象でしたが、今日初めて外の世界でふたりに会ってみて、印象が変わりましたね。
プーアルはどんどん1人で開拓、ロッポはまだお母さんに甘えたい感じ。
自分のテリトリー内とテリトリー外では、多少行動が変わるのかもしれませんね。

image
あっという間に登ってしまったロッポくん。木登りは楽しいね!

image
次はメタセコイアに挑戦しそうなプーアルくん。
いっぱい食べて、もっと大きくなるんだよ!


image
ジャスミンによく似ているロッポくん♪

image
イケメンになる将来を約束されているプーアルくん♪

image
かわいい子どもたちを連れてきてくれたジャスミンに改めて感謝です(^ ^)前も言ったような気もしますが、本当にそれに尽きるのです。

image
(半開きジャス…)



image
さて、朝はウーロンくんが出ていたのですが…
しばらくすると入れ替えがありました。

image
茶々さん!
この間訪問したときは20秒くらいしか会えなかったのですが、この日は1時間近く外に出してもらっていました。
天気が良かったからかもしれませんね。気持ち良さそうな茶々じいでした。

image
外の空気はどうですか?

image
お客さんも飼育員さんも、茶々さんを見守っています。

image
出会ってから3年、会えない日の方が多かった茶々さん、でも今の姿は元気そのもの。
見えないところで、きっといろんな困難があったのだと思います。
厳しいかも…と言われていた時期もありました。
だからこそ、元気な茶々さんの姿はとてもとても嬉しい。
一歩ずつ少しずつ、前に進む茶々さん。
お客さんに近寄る茶々さん。
日向ぼっこする茶々さん。
これからもたくさん会いたいです。
無理をせず、飼育員さんと一緒に頑張ってくださいね、茶々さん。

image
茶々さん収容後は古都親子の展示に。
ということで、全員に会うことができました(^ ^)感謝です!

今後の展示はどうなるのでしょうか?
ベビー三頭展示とか…ファン的には希望したいですけどね(笑)
また京都には通わねばです。

ジャスミンのこどもたち

image
お兄ちゃんです。

image
弟くんです。

京都市動物園、ジャスミンの産んだ、双子の男の子たちが公開中です!

image
こどもたちを放置して遊ぶジャスミン(笑)
フリーダムでかわいいジャスミン、おかえりなさい♪
かわいいかわいいこどもたちを連れてきてくれてありがとう。・゜・(ノД`)・゜・。

image
お兄ちゃんです。
顔の色、しっぽの色ともに薄めです。黄色っぽいような、ゴールド系のような。
兄のムータン(@鯖江)も薄めの毛色でしたが、それとはまた違う色です。ムータンよりも薄めかな。

とっても元気、巣箱から最初に出てきたのもお兄ちゃんの方でした。
笹とも勇敢に戦います。そろそろ食べられるかな?
ジャスミンの周りをコロコロしている白モフがお兄ちゃん、という感じでしょうか。

image
弟くんです。
顔の色は濃いめ、ジャスミンの色が出ている気がします。しっぽの色は赤めです。
なかなか巣箱から出てきませんでした。出てきたと思ったら、ジャスミンのお腹の下に滑り込む甘えん坊くんです。
ビビリなのかな?とも思いましたが…

image
お兄ちゃんより先にハシゴを攻略した弟くん。
慎重派なだけかもしれませんね。好奇心は子供らしく、強いようです。

image
巣箱に登る、左の弟くんと右のお兄ちゃん。

image
仲良く落下。

image
そんなこどもたちを放置で散策、ジャスミン。
ジャスミンの生き生きした表情が見えて、とても嬉しかったです。なんか涙出てきた。

image
涙を引っ込めるために、半目のジャスミンを(笑)

image
育児疲れジャスミンも(^_^;)
こどもたちがかなり大きくなってきたので、授乳も大変そうでした。
2匹にのしかかられ押し倒されながらの授乳…チラリと見えるひぃ〜な顔のジャスミン(笑)
がんばれジャスミン!!

image
慌てて撮ったので映り込みが多いですが…茶々さんに会えました!
外で見たのは数年ぶりです。
ときどきですが、掃除のタイミングや、晴れている涼しい日は外に出しているそうです。
飼育員さんの手が見えますが、収容のために誘導しているのです。歩きそのものはとてもしっかりしていました。
元気でよかったです(^-^)

image
お父さんのウーロンです。
相変わらず立派な、ザ・レッサーパンダ。今年は3頭のお父さんになりました。

image
ヒモがじがじジャスミン。
昨年は悲しいこともありましたが、今年は母子共に元気な姿で見ることができました。
何より、大好きなジャスミンがこどもに囲まれる姿…ずっと待っていた、幸せな風景でした。
あらためて、ジャスミンに感謝です。


古都ちゃん親子の公開はまだですが、きっと近いうちに始まると思います。
京都市動物園、賑やかになってまいりました(^-^)

ムータンの婿入り&京都れっさーずフルメンバー!

image
四股踏んでました。
お久しぶりのムータンです。でかくなって…本当でかくなって…(震え声)

6/10に婿入りが決まったムータン。会いに行ってきました。

ムータン♂ 2014.6.19生
母:ジャスミン
父:ウーロン
2015.6.10 鯖江市西山動物園に移動予定

ジャスミン、ウーロンは2013年に中国から日本、京都市動物園にやってきた個体です。その間に生まれた初めての子どもが、ムータンです。
血統の偏りがいよいよ大変なことになってきた(個人的印象ですが)、日本のレッサーパンダ界。
ジャスミン、ウーロン、そしてムータンにかけられた期待は大きいのです。

ムータンは生後1カ月のときに、母ジャスミンの体調不良が原因で、人工哺育に切り替えられました。
非常に心配なニュースではありましたが、立派に大きく育ったムータン。また、他個体との同居生活も経験しました。きっと西山でもうまくやっていけると思います。

image
メタセコイアの放飼場には、母ジャスミン。
午前中は暑かったためか、木陰で休憩していました。寝方が寝方だったので、人だかりができていた時間もありました。さすがジャスミン。

ジャスミン♀ 2010.7.14 重慶生まれ
→2013.3.30 京都市動物園に移動、命名
父母ともに不明

image
お腹がかなり大きくなっていました。
昨年は6月19日に出産がありましたし、今年もそろそろでは…と思いました(^ ^)
むしろ産休に入っていると思ったので、会えてラッキーでした。

(雑談になりますが、レッサーパンダの誕生日って、兄弟の誕生日は特に近いパターンが多いですよね。母パンダが毎回、同じくらいの時期で出産をしているというか。例外もありますけど、やっぱり周期的なものがあるんですかね?)

image
昨年来た時は、クローバーがジャングル状態になっていましたが、今年はおとなしめ。
(三角屋根の下の子は古都ちゃんです)
なんでかなあと思ってましたが…

image
ジャスミンも…

image
ウーロンも…

クローバーを食べていました。
食べまくってました。
ジャスミンに至っては、葉ばかりか花をプチプチと、まるで笹の葉を食べるかのような勢いで食べていました。

image
わかりますかね、これ。
ピョンピョンと軸が生えていますが、軸の先には本当は花がついていました。
結構食べられちゃってます。花を食べているのは初めて見たので驚きでした。
…その割には笹を食べてなかったなあ。おいおい、ニーガラポンヤ(笹食べ族)の皆さん。

ちなみに、調べてみたところ、クローバー(シロツメクサ)の花と若葉は美味しいらしく、ヒトでも食用にできるらしいです。

image
クローバー狙ってる?ウーロンくん。
午前中はここに古都ちゃんがいましたが、午後はウーロンと交代してました。

古都♀ 2009.7.9 徳山動物園生まれ
→2011.3.16 京都市動物園に移動
母:栃@旭山動物園
父:コタロウ

ウーロン♂ 2011.6.5 重慶生まれ
→2013.3.30 京都市動物園に移動、命名
父母ともに不明

image
動物が一番イケメンになる瞬間を撮りました。
要するにトイレ中ってことです。
なんでトイレ中ってキメ顔するんですかね。謎です。

image
そして、奥の方に茶々さんがいたのです!
1年以上ぶりの茶々さんでした。嬉しくて嬉しくて。
見える限りでは、毛並みも足取りも良好でした。とうとう22歳になりますね…。

茶々♂ 1993.6.27 茶臼山動物園生まれ
→1995.5.30 京都市動物園に移動
母:花花(ホアホア)☆
父:勇勇(イーイ)☆
双子の妹:ミンミン☆(大崎のキキ&東北サファリのテンテン兄弟の母にあたります)

2014.1月から療養しており、なかなか会うタイミングがありませんでした。
温度変化の厳しい京都では、体調不良が起こることも多かったと思いますが…すっかり元気そうで良かったです。
飼育員さん、獣医さんのおかげですね。ありがとうございます(^ ^)!


image
それにしても、ムータンは大きくなりましたね。

2014-12-23-11-08-40
冬頃はまだまだ小さかったムータン。もう大人になるんですね。

ジャスミンに、飼育員さんに、そしてファンに愛されたムータン。
きっと鯖江でも可愛がられるはずですね(^ ^)

リニューアルした鯖江のレッサーパンダエリアで、無邪気に遊ぶムータンとその子供たちの姿を夢見て…
ムータン、がんばってね!鯖江にも会いに行くよ〜(^o^)/

2014年パンダ締めは推しメンと♪ 京都編

2014-12-23-09-42-07
「よっ。」


わたなべは倒れた。
一か月ぶりにレッサーパンダを見た、にもかかわらずこのあまりに刺激の強すぎるあざとさと可愛さ、その魔力にやられたのであった。



…京都市動物園に行ってきました♪

京都市は先月頭に来て以来、命名されてからは初めてムータンくんに会いました。

2014-12-23-09-15-34
朝ごはんは大量の京都産の笹。モリモリモリモリ食べ続けるむーたん。ちょっぴり体も大きくなっていました。健康優良児( ´ ▽ ` )

2014-12-23-09-16-20
外にはお母さんのジャスミン♪
朝からジャスミン!うれしいーー!
ジャスミンも笹をむしゃむしゃ。もふっとむちむち体系のジャスミン。
…もう子どもがお腹にいるの^^;?笑
京都イチの食いしん坊は横に成長中?!元気で何より。

2014-12-23-09-17-12
ジャスミンに会うのは大抵午後のことが多かったので、朝日を浴びるジャスミンは新鮮でした。いい天気で日差しも暖かく、どの動物も過ごしやすそうな1日でした。

2014-12-23-09-46-20
ひととおり食事を終えたむーたんがやってきました。
遊びたかったのかはわかりませんが、窓際に近づいてきました。むーたんが手を上げたので、それに合わせてこちらも手を近づけたらバンザイで襲いかかってきました(笑)
遊び相手がいるといいけどねえ、こればっかりは難しいですね。

2014-12-23-09-49-35
古都ちゃんは樹上でムシャムシャ。この子を見ると京都に来た感じがします。

2014-12-23-09-51-43
むーたんくんはあざといポーズでひと眠りするようです。
…たぶん、この子、自分の可愛さを理解していると思います^^;
なにをしていても行動一つ一つがもにょもにょうにゃうにゃ…なんというか、もう可愛いんです。
ジャスミンの子ども、っていうフィルターがガンガンかかっているという自覚もあるのですが(笑)

2014-12-23-10-01-17
アムールトラのアオイ嬢。日本平生まれ、三つ子のお母さんトラですよ。

2014-12-23-10-08-33
こちらはフンボルトペンギンのナンテンちゃん。天王寺生まれだそうです。移動して四年ですが、まだ群れに馴染んでいないそう…可愛い子なのになあ。仲良くやるんだよ!

2014-12-23-12-51-19
こちらはアザミちゃん。京都市動物園で生まれた子。この子も壁際近くによく来てくれました。

ペンギンは見た目での見分けが難しいので、フリッパーの標識で見分けています^^;

1988年生まれのフンボルトペンギン、ナズナさんだけ、エサを陸上でもらっていましたが、高齢による白内障のためだそう。驚いたのは、陸上にあがったのはナズナさんの方からで、そちらの方が水中よりもエサを取りやすいと自ら判断したとか…。仲間も飼育員さんもナズナさんの意向を汲み取っているのか、その違いを自然に受け入れている姿に感動してしまいました。
頑張って長生きしてほしいですね。目指せ世界最高齢!

2014-12-23-10-29-06
カリンちゃんも元気そうでした。
ただ、神経質なのかな?音やヒトの姿に必ず反応していました。熱帯館内は音が響くので、おどかさないように気をつけましょうね。

2014-12-23-12-43-38
ジャガーのグランデ爺さん、ツキノワグマのサクラさんが相次いで天寿を全う、あらたなメンバーが加わりました。
王子動物園より、ジャガーのミワちゃんです。黒ジャガー!
活発な子だと聞いていましたが、まだ緊張しているのか動きはあまりありませんでした。早く慣れるといいね。
ちなみに、ミワちゃんが寝そべっているところは床暖房だそうです。うらやましい…園内は寒いのです。

2014-12-23-11-12-05
レッサーパンダ舎では、ジャスミンがジャス道を巡回中でした。ときどきクローバーを食べつつ。肥料をまいて育てた(?)クローバージャングルを自らで食べる…自給自足系パンダです。

2014-12-23-11-12-57
おお!古都ちゃんがこんな近くに!(‘∀‘ )
基本は樹上で食べていますが、この日は下に笹があり、ガラスの目の前で食事中でした。

image
こっちゃんスマイル!元気元気だ!
ちょっと毛が薄めなのが気になりましたが…笹はしっかり食べていたので大丈夫かな?寒いから無理しないでね。

2014-12-23-11-06-31
むーたんはリンゴ、ぶどう、ペレットをもの凄い勢いで食べ終わり、毛づくろいタイム。リンゴハイは凄すぎて撮れませんでした…。

2014-12-23-11-08-40
「もうないのぉ?」
食後なので眠そうです。そして…

2014-12-23-11-15-32
ゴロゴロ、うだうだ、

2014-12-23-11-16-30
もにょもにょ、

image
のびーーーー、

2014-12-23-11-18-42
( ˘ω˘ )スヤァ…


…わかっているとしか思えない。
鼻血を流しながら、わたなべは思いました。


2014-12-23-12-46-31
その後も団子になったり、

2014-12-23-13-08-02
団子が溶けたり、

2014-12-23-13-09-09
シャッターチャンスタイムを気まぐれに設けたりと、自由なむーたんの寝姿を見ることができました。
ありがとうね。気持ち悪いのがずっと張り付いててごめんね。

2014-12-23-13-32-45
樹上から見下ろすジャスミンの姿を目に焼き付けつつ、京都でのパンダ締めを終えました。


残念ながらウーロン、茶々さんには会えませんでしたが…京都市れっさーずの皆さん、今年もありがとうございました。たくさん癒されました。
悲しいニュースもあったけど…むーたんが生まれてきてくれて、元気に育ってくれて、本当に良かったです(^ ^)

来年は京都市れっさーずのみんなに、たくさんの幸せとたくさんの美味しいリンゴが訪れる一年になりますように♪

パンダコパンダ 秋の京都編 その3

クローバージャングルにあらわれた彼女は、大好きな大好きなあの子でした。




2014-11-01-13-14-01

久しぶりに会えたね。


2014-11-03-20-55-30

「しばらくじゃないの、わたなべさん?」
なんて思ってたら嬉しいな。おかえりなさい。


2014-11-01-15-44-00

ジャスミンが京都のクローバージャングルに帰ってきました。
…ていうか、クローバージャングルをせっせと作ったのはジャスミンだったね(笑)


2014-11-01-13-25-57

体調不良、片方の子どもの死、残された子どもと離れたジャスミンのニュースを聞いてから、毎日とても不安でした。
今年もたくさんの吉報が聞こえてきて、嬉しい気持ちになることが多い中、ジャスミンのことがどこかでずっと気になっていて。
どうしてジャスミンが…と思ってしまったこともありました。どうしようもないことだったのでしょう。それでも、ジャスミンがずっと元気に子育てをしてくれること、ジャスミンが後ろに子どもを2匹連れて歩く姿を夢見ていました。


image

飼育員さん、京都市動物園の皆さんには本当に感謝しています。
ジャスミンの回復のため懸命な看病をしてくださったこと、コパンダをすばやい判断で人工哺育に切り替えて立派に育ててくださったこと、今でもコパンダのために何ができるか懸命に取り組んでいただいていること、そしてありのままの情報をすばやくニュースとして伝えてくださったこと…。
本当にありがとうございました。

2014-11-01-14-26-38

変顔ジャス(笑)
ジャスミンが今ここにいること、コパンダがいること、そのすべてが嬉しかったのです。

ありがとう、ジャスミン。元気に帰ってきてくれて、もちろん私のためなんかじゃないけどさ(笑)、それでも嬉しいしお礼を言うよ。
がんばってくれてありがとうジャスミン!


2014-11-01-13-32-01

ジャスミンとドア越しのコパンダくん。
ジャスミンに反応しているのかはわかりませんが、よくドアの方向に反応していました。
一方のジャスミンは、ドアに対して反応をすることはありませんでした。

2014-11-01-12-48-26
コパンダのこれからには、厳しいことも多いと思います。
ですが、京都市動物園の研究熱心な姿勢を信じていますので、あまり心配はしていません。どうか、レッサーパンダたちのことをこれからもよろしくお願いします。

すこし寂しげな表情を時折浮かべるこの子に、多くの幸せが訪れることを願っております。



2014-11-01-12-49-10

ね。
楽しいこと、きっといっぱいあるよ。
がんばって、強く、キミらしく生きておくれ。
ギャラリー
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ
  • 日本平れっさーずのルーツ、安佐へ