チャオ

茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加

IMG_8212
チャオくーん(´∀`)

過去の記事になりますが…昨年の9月に茶臼山動物園の飼育体験に参加することができました!
ちなみにレッサーパンダ担当の班は外れました!笑
どの班でも良かったので、問題ないですけどね(^ ^)ふふふ

IMG_8188
私の担当は、小獣舎(タヌキ、アライグマ、ハクビシン、ビントロング、アナグマ)、ポニー、木曽馬、ツキノワグマ、ライチョウ、病院及びエサ作りでした。たぶん、1番盛りだくさんの班だったと思います。
ちなみに、感染症予防のため、小獣舎担当はバックヤードに入ったら、その日はレッサーパンダ舎のバックヤードに入るのは禁止になります( ;∀;)そうよね…そらそうよね…。

体験の参加者は各班2名、私と同じ班の方は動物大好きな素敵な方でした(^ ^)
この班は動物の種類がとにかく多いため、分かれて作業することに。好きな動物がいる方を選んでください、と飼育員さんに言われたのですが…同じ班の方と私、とても気があうようで、好きな動物が丸かぶり…(笑)午前午後で担当を入れ替えて作業することになりました。

IMG_8215
午前はまず、ウマとツキノワグマのお世話でした。
ポニー2頭、木曽馬1頭の合計3頭のウマが茶臼山にはいます。
…写真撮り忘れたんですよねぇ…( ;∀;)
ポニーは1番年上のエミちゃん、若い男の子のツッキーくん、木曽馬はとっても美形なさくらちゃん。
エミちゃんはなんというかお姉様という感じで…乗馬体験の時はとにかく褒めるとちょっと得意げになるとかなんとか(^ ^)
ツッキーくんはとにかく元気一杯で、女の人が大好きでした(笑)作業中によく覗きに来てくれました(笑)乗馬体験でも、楽しくなりすぎると元気が溢れ出てしまい、飼育員さんにたまに止められるそうです(´∀`)
さくらちゃんはエミちゃんと仲良しで、よく女子会をしてました(^ ^)それを離れて羨ましそうに見るツッキーくん…という図式がなんとも面白かったです。
ウマの方では、掃除、エサ出し、ブラッシング、乗馬体験の補助など一通りやらせていただきました。

ツキノワグマはテツくんとミヤちゃんの2頭(また写真が無いんですよ…)。
こちらでは獣舎にエサを出したのですが、エンリッチメントの一環で、竹筒フィーダーにエサを入れたり、獣舎内にエサをたくさん隠したりしました。
テツくんが竹筒フィーダーを水の中に入れて、水圧でエサを出しているのを見てビックリでした!

ウマとツキノワグマが終わったら、ライチョウを少し見学。デリケートな動物なので、お世話はできませんでした。
今、いろんな園でニホンライチョウの繁殖も取り組んでますが…なかなか難しいみたいですね。
茶臼山にいたのはスバールバルライチョウですが、飼育を通して、ニホンライチョウの繁殖に繋がっていくことを期待しています。

その後は動物病院(非公開)の掃除をし、エサ作りへ。
エサ作りは、担当動物だけでなく園内ほぼ全ての動物に関して行いました。必要量の果物や野菜などを用意して、それぞれの動物に合わせて切って、バケツまたはお皿に入れて…大量なので大変です。
チンパンジーのエサは個体ごとに内容が違っていて、面白いなぁと思いました。

レッサーパンダのエサも作れるのかな?とワクワクしていたのですが「レッサーパンダは、獣舎の冷蔵庫にエサが保管されてるので、こちらでは作らないんです」とのこと…。゚(゚´Д`゚)゚。
若干ショックを受けていたら、「でも、今日はそのレッサーパンダの冷蔵庫にリンゴを届ける日です。そのリンゴの選別ならできますよ、良かったらお願いします」とのお言葉…!僭越ながら、選別させていただきました(`_´)ゞ

IMG_8205
空いた時間にレッサーパンダ舎へ(´∀`*)
ネネちゃん💕💕
バックヤードはダメでしたが、普通の観覧通路はオッケーだったので一安心です(笑)

IMG_8206
室内はヒビカル兄弟とロンくんでした。
暇そうなロンくん(^^;)

IMG_8169
夕方は小獣舎でエサ出しの作業です。
午前中に作ったエサ(切った野菜や果物など)を用意し、ここにペレットなどを追加して各獣舎のバックヤードにお皿を置いて行きました。
閉園前なので、収容しつつ動物たちの様子も観察させていただきました。
上の写真はアライグマのアンナちゃんですが、ちょうど話題のカールくんもいました。もちろん、マンホールの中に(´∀`)
せっかくなので、マンホールの中から出て、もう一度中に入るところも見せていただいたり(笑)

IMG_8198
ビントロングのシュートくんにも、かなり近くで会えました!
でもこの日は警戒されてしまったのか、収容拒否(^_^;)
飼育員さんが写真のようにバナナで誘いますが、結局私がいる間はバックヤードに帰りませんでした。うーん、申し訳ないです(^_^;)

IMG_8195
作業が終わり、1人一種、好きな動物(動物園の方が用意してくださった中から)を選んで抱っこして記念撮影。
アルマジロちゃんを抱っこしました(´∀`)

IMG_8228
ヒビキくんまたね〜

なかなかガチの飼育体験で、学生の時の実習を思い出しました(^_^;)
帰ってから疲れてしばらく寝てしまったのも、学生の頃と同様でした(笑)

たった1日の飼育体験ではありましたが、普段飼育員さんがどれだけのことに目を向けて動いているのかがよくわかり、とても勉強になりました。
掃除中に部屋の様子を見て健康状態のチェックをし、ブラッシングや声をかけるなどしてコミュニケーションをとり、イベントでは動物だけでなくお客さんの様子も気にかけ動いて。もちろん、特別なことがなくても、空いた時間には動物の様子をしっかり観察したり、エサやりをしたそうなお子さんがいれば、声をかけてエサやりをさせてあげたり、動物園ファンぽいお客様と動物についてお話したり。
全ての感覚を常に鋭く持ち、気配りを忘れない。そんな姿に改めて感動し、尊敬しました。
…と同時に、自分には無理な仕事だなーと思ったり(^_^;)大変だもの〜

動物園の柵の外側にいる自分が、動物園の柵の中に入ってみた…という感じでしたが、柵の外と中は全くの別世界でした。
柵の中では常に動物のことと外のことを見て考えなければならないのだなぁ、ということを身をもって経験しました。
貴重な時間を過ごすことができました。改めて、茶臼山動物園の皆様と動物たちに感謝します。ありがとうございました。


茶臼山動物園の大人のための飼育体験は、毎年9月末頃に行われています。
好きな動物に当たるかは運次第ですが(笑)、いい経験をすることができるので、ぜひ興味を持たれた方は参加してみてくださいね。

あけましておめでとうございます&2015年パンダ初め

2014-12-30-23-12-38
あけましておめでとうございます(^o^)
今年度もレッサーパンダ推し。よろしくお願いいたします。

さて、早速ですがパンダ初めに行ってきました。
もちろん(?)、茶臼山動物園です。一応、元地元民ですので。


2015-01-01-10-15-13
ポポくんはじめまして!
正月を境にコパンダを親と離し、子供だけでハウスを広く使わせるようにするのが例年の茶臼山のセオリーのようです。今年も例に漏れず、ポポジャジャはノンと離れ、子供だけで過ごしていました。

しかしポポジャジャはよく似ていて、最初は見分けがつきませんでした。

2015-01-01-10-37-27
行動の違いとして、ポポはよく立ち上がります。写真右のように、この丸太の上に立って、雪景色を見ていたり、橋の上で立ったり(危ない…)、笹食べでも立ったり。あとはよく鳴きますね。じゃれて鳴くとかではなく、1人でキュルキュル鳴いていたら大体ポポ。ジャジャもときどき鳴いていましたが、大抵はポポの鳴き声に返事をするときのみでした。
ジャジャは基本マイペースで、よく寝ていました。寝たいのにポポの鳴き声に驚いて起きて、寝ようとしてまた鳴き声で起こされて…顔がブシッと不機嫌になったり(笑)

2015-01-01-11-42-53
笹食いでは、ジャジャは寝そべったり片手をついたり親父スタイル??笑
まあ可愛いからいいのです。

2015-01-01-15-13-21
見下ろしも堂々と。ジャジャ。
昨年のタイヨウ&アンズと比べると、この2頭はかなり積極的なタイプでした。タイヨウ&アンズはこの時期、見えない場所でずっと寝てましたし^^;
ポポ&ジャジャはほとんど寝ずに、橋を渡り、塩ビのすべり台を登ろうとし(失敗しまくり)、ロープを持ち上げかじり、笹を食べまくり…。ポポは特に積極的で、チャレンジャーでした。いつか脱走しちゃうんじゃ…?とヒヤッとした場面もいくつか^^;
初日から見応えバツグンのコパンダ幼稚園でした。

2015-01-01-16-09-24
おすましジャジャ子。
顔は慣れると見分けられるようになってきました。ポポは兄のノゾムに似て、アイラインが太め、尻尾の先も黒めでした。ジャジャは姉のネネちゃんそっくりの寄り目ちゃん。尻尾もネネちゃんみたいな金色しっぽになりそうな予感…。あと、若干ジャジャのが顔が丸くて大きいです。
よく立ちよく鳴く子がポポ、よく寝る寄り目ちゃんがジャジャ、です。

ジャジャはしっぽを丸めて枕にして寝ていたのですが、寝起き後にしっぽに寝ぐせがついていて萌死しそうでした。ジャジャ恐るべし。

2015-01-01-10-16-16
チャオ王子は相変わらず王子でした。大柄ですねえ。
今年もよろしくね。


さて、レッサーパンダハウスで出会った親切なパンダファンの方に声をかけていただき、園長のスペシャルガイドイベントに参加させていただきました(ありがとうございました^ ^)。
なんとレッサーパンダ舎裏にて、リンゴプレゼントができるというオプション付き。たくさんあげちゃいました。

2015-01-01-12-40-22
サラちゃん!おなかがまんまるでした…^^; 体重は8キロ台だそう^^;
サラちゃんありがとう!

2015-01-01-12-37-45
ぶれちゃいましたが、ケンシン。2年前にレッサーパンダハウスで出会った最初の子の1頭でもあります。
こんなに近くで会えるのは久しぶりで嬉しかったです。美味しかったかな?ありがとう!

モモちゃん、ロンくんにもプレゼントしました。そうそうたる面々の中、どの子にあげたらいいか超迷った挙句、押しの強い子にリンゴをプレゼントしました(笑)みんなありがとう!お邪魔しました。

2015-01-01-12-37-08
タイヨウと、

2015-01-01-12-37-18
アンズはびびって逃走しちゃいました。
ノゾムとネネも奥に引っ込んじゃって…。姿は見えました。
怖がらせてごめんね!ありがとうね!

2015-01-01-12-54-38
アジアゾウ舎の裏側探検もできました!
フー子さんにもエサやりをさせていただきました^ ^
フー子さん、ありがとうございました!

園長さん、飼育員さん、そして誘ってくださったアンズのお母さん(笑)、ありがとうございました!

2015-01-01-15-12-40
ロンくんも、イベント復活後は初めて会いました!
ロンくんおかえり〜うれしいよ〜(T_T)
今日もハッピーパンダ、大活躍でした♪


年始からめちゃめちゃ寒い中…動物園の方、動物たちに大変お世話になりました。
今年もブレず、レッサーパンダを追いかけ見守るつもりです♪
どうぞ皆様、今年もよろしくお願いいたします。

武将のタビダチ

初めて君に出会った日。


image
初の雪パンダも君でした。シンゲン。
明日、11/11に移動、13日から釧路市動物園のレッサーパンダとなります。


2014-11-10-22-22-35
チャオ王子と、

image
可憐なアジサイの子ども。



2014-09-14-13-22-01
よく頭上で垂れてたね。
よく寝てよく遊びよく食べていたシンゲン。
スバル兄ちゃん、チャオパパのような素敵な父ちゃんになるんだよ。



2014-09-16-22-32-04
釧路に出陣だ!
シンゲン、ガンバレ!

しあわせのくるりんしっぽ

2014-07-18-18-00-34

「何見てんのよ」


私とサチの出会い。
そして、私が身も心も、そして人生をもレッサーパンダに捧げる決意をした出会いでもありました。

…って書くと、オオゲサ(´Д` )笑


今回は、茶臼山の不思議っ子、多摩のお姫様、そしてカナダに渡ったレッサーパンダ「サチ」について書きたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨年9月、就職活動がひと段落し、あとは結果待ちの状態になったため、実家のある長野に帰省しました。

実家は長野の北側、いわゆる北信です。
静岡から新幹線、東京で乗り継ぎ、長野に到着したらまた電車で一時間…実に5時間の道のりでした。

レッサーパンダについて調べるようになって初めて知ったのは、「茶臼山動物園がすごい」ということ。
飼育頭数はシセンレッサーパンダに関して日本一、繁殖もほぼ毎年、しかも茶臼ブラウンとはなんぞや?!
実家に帰ったら茶臼山動物園に行きたいという旨を親に話しておきました。

茶臼山動物園に行った記憶はかなり昔で、何歳の時だっけ?と親に聞いたら、多分3歳くらいじゃないかとのこと。
…ほぼ20年ぶりの茶臼山動物園ということが発覚し、衝撃でした(笑)
キリンとゾウはよく覚えていましたが、残念ながらレッサーパンダは…(´Д` )
そのころはホアホア母さんがいたみたいですね。3歳児の記憶、残念!

茶臼山には車で行くことになり、約2時間の道のりを越えて到着です。
運転していた父と共に20年ぶりの茶臼山動物園に訪れました。

記憶は残念なもので、何もかもが目新しい^_^;
唯一わかったのはゾウ舎だけでした。

奥に向かい、レッサーパンダの森とログハウスが見えてきました。
レッサーパンダの森は20年前には無かったので、これぞ初訪問です。

レッサーパンダの森は、最初見た時は放し飼いにされているのかと思い、ビビりました(笑)
柵がなるべく見えないように工夫されているのですね。ちゃんと仕切られていました。

2014-07-19-00-01-37

レッサーパンダの顔の見分けができるころでは無かったので、とりあえず写真を撮りまくっていました。
近くで見られるのが嬉しかったです。
今判断すると、これはチャオ王子かな〜。

室内に入ります。

2013-09-07-18-30-33

12年生まれのおこちゃまです。
左がネネ、右がノゾムです。ノン&チャオの子どもですね。
ここにケンシンがプラスされて、3匹がドタドタバタバタピーピーしていたのです。

なんじゃこりゃあという感じでした。
そもそも、レッサーパンダの鳴き声なんて聞いたこともなく、というか頭上でレッサーパンダが走り回り、すぐそばでケンカごっこをするこの光景が不思議すぎて…そして何よりカワイイのです。
一気に引き込まれました。
…ちなみに一緒だった父親もすっかりレッサーパンダにはまり、自分のブログにレッサーパンダの可愛さを長々と書いていました^_^;


「3匹」と書きましたが、プラスもう1匹がこのコパンダの中にいました。それが「サチ」。
4匹のコパンダチームがこの年の夏は室内にいました。
なぜ3匹かといいますと、この日サチはずっと寝ていたのです^_^;
午後2時に訪問しましたからね…3匹が起きてくれたのは奇跡としか。

ということで、この2日後にもう一度コパンダに会うため、そして今度こそサチに会うため、茶臼山を訪れることにしました。



2日後、車は出せないと言われた私は5時頃に起き、6時の始発に乗って篠ノ井に向かいました。
そして、篠ノ井からの道のりを、炎天下の中、あの!山道を!!登りました!!!
…もう2度とやりませんよ…(´Д` )

なんやかんやで9:20くらいにレッサーパンダのログハウスに到着。
非常に疲れていましたが、コパンダチームが見たくてたまらずにログハウスに入りました。

2014-07-18-18-00-34

迎えてくれたのは、見下し顔のサチでした。
せっかく来たのにそりゃないよ…(´Д` )と思いつつ、この見下し顔がたまらなく可愛くて、また引き込まれてしまいました。

2014-07-19-00-15-55

サチの双子の兄ケンシンもこの顔。
今となればご褒美でした。たまらん。

2014-07-19-00-17-16

これもさっちゃん。
朝一の客というのは目線をもらえるもので、サチもじろじろと見てきました。

2014-02-03-22-11-09

実は推しメンのネネちゃん。顔が私好みのぱっちり寄り目ちゃん。ネネちゃんは可愛らしく見つめてきます。

2013-09-10-13-48-14

こちらはノゾム。見下したりしないよ〜。
色が白くて、キリッとした目つき。愛想のいい子でした。

2014-07-04-21-01-45

コパンダとは別の放飼場にはキキ&セイナ。この2匹は寝るかのんびり過ごすかで、コパンダが騒いでも常に静かに過ごしていました。

合計6匹のレッサーパンダに出迎えられました。


2014-07-19-00-25-14

そのうち朝ごはんタイムが始まりました。顔を向けてくれたのはさっちゃん。
さっちゃんのしっぽはかぎしっぽ、というよりはくるりんとした可愛いしっぽでした。
レッサーパンダのかぎしっぽは初めて見たので驚きました。

さっちゃんは不思議な子でした。
かなり活発で、男の子たちともやりあうのですが、何か興奮するのか、1人でものすごい暴れることがあるのです。
走り回り、ぶつかり、なぜかガラスの柵にハイタッチしたり(これをやるのはサチだけで、場所も決まっていました)。暴れすぎて、さっきまでケンカごっこでもちゃもちゃしていた男の子たちも、サチの奇行を見てポカーンとするほど^_^;

2014-02-03-22-14-43

4匹のわらわら展示は非常に面白かったです。
4匹だからこそ、そして子どもだからこそ、ひとりひとりの個性がよくわかり、レッサーパンダもニンゲンと同じじゃん、性格や特徴があるじゃん、と妙に納得したことを覚えています。

結局1日中コパンダたちを見続け、帰路に着きました。
あ、そういえば、その後静岡に帰ったら、今の職場の内定通知が届いていました(^ ^)



ーーーーーーーーーーーーーーーー

もう一度見たいなぁ、と思っていたのですが、コパンダチーム4匹に会えたのはそれが最後でした。
12月にサチが移動、1月に再訪問したらちょうどコパンダが入れ替わった次の日で、ケンシン、ノゾム、ネネにも会えませんでした。かなり後悔しましたよ。

4月に社会人となり、落ち着いてきたころに多摩のサチに会いに行くことにしました。

2014-05-17-14-10-35

さっちゃんは、とても元気に暮らしていました。おばあちゃんの花花さんと一緒でした。
可愛らしさはそのまま、でもちょっと遠くにいるさっちゃん。
やっと会えた。それに尽きました。

暑い日でしたが、活発に動き回るさっちゃん。カメラマンもお客さんも多く、サチを可愛いと言う人がたくさんいて嬉しかったです。

2014-05-17-14-10-40

サチは多摩で愛されている。
それがわかっただけでもう十分でした。

そして、7/15にサチはカナダに旅立ちました。
フランケンとの交換のために多摩に来たので、決まった海外移動だったのでしょう。サチのこれからの幸せを祈っています。



サチは、その名の通りたくさんの幸せをもたらしてくれました。
海外個体のフランケンが来てくれたこと、3年ぶりのレッサーパンダ誕生、なかなかうまくいかなかったララ&ルンルンの子の誕生、花花とブーブーがサチと一緒にいて元気に過ごしていたこと…そして、サチを好きになった皆さんも、サチと出会えて幸せだったのではないでしょうか。

くるりんしっぽのお姫様。
きっとカナダでも、たくさんのしあわせを運んでくれることでしょう。
そして何より、サチ自身が幸せにこれからの生活を過ごしてくれたら、と思います。

サチ。
いってらっしゃい!
幸せになるんだよ!!



ギャラリー
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加