ホッキョクグマ

日本平、シー仔ツインズ公開中…かも!?

怒涛のレッサーパンダ赤ちゃん、公開ラッシュでございます。
せめて近くだけでも!と京都、鯖江、そしてこれから載せる日本平。3園で赤ちゃんたちに会うことができました。
……もう旅費がありませんので、しばらくはレッサーパンダ禁、いや、外出禁止ですね(^_^;)

ということで、公開ラッシュ期間最後のコパンダ記事となります( ; ; )
日本平動物園に行ってきました!!


image
まずは赤ちゃんの姉にあたる、まつばです。
静岡も涼しくなってきたので、お外まつばです。キラキラかわいいまつば(^ ^)

image
赤ちゃんのお父さん、タクです。
しっぽの毛が夏はしょんぼりしてましたが、見事復活、全身モフモフになっていましたよ。
三年連続でパパ、おめでとう\(^o^)/

image
そしてシーちゃん!久しぶり!
嬉しい〜嬉しいよ〜。・゜・(ノД`)・゜・。
赤ちゃんのお母さん、シーちゃんです。
今年は見事、双子の赤ちゃんを立派に育てています。

image
リンゴが終わり、物足りないシーちゃん…(笑)

image
迫り来るリンゴタイムに期待大のまつば。目がギラギラ…(笑)

image
お待ちかねのリンゴに、むひゃー!なまつば。
本当に良い顔するなあ(^ ^)

image
「ばか美味いんだけどぉ」
そんな感じで静岡弁で語ってそうなまつば♪

この日、リンゴタイムに巨峰が追加されていました。実は私が日本平に送りつけてしまった巨峰でして…(笑)
おかげさまで、巨峰をうまうましているレッサーパンダたちの様子を見ることができました。飼育員さん、本当にありがとうございます!

image
「リンゴタイムにブドウが出るなんて聞いてないんだもん、びっくりして落としちゃったよう」
まつばさん、驚かしてごめんね〜
夕飯ではゆっくり食べてみてね。

image
猛獣館で、猛獣にまったく見えない激かわなバニラちゃんを堪能して…

image
ペンギン館の絶景を堪能して…



image
シー仔ちゃん、初登場です!
色が白いぞ、タク色だぞ〜!

image
でも眉の形や鼻の高さはシーちゃんだぞ〜!
なんて愛らしい…(´Д` )❤︎

ですが、30秒ほどで引っ込んでしまいました(笑)
どちらだったのかさえもわからず(^_^;)
いやでも会えないと思ってたから、感動感動です。

image
その後も、真っ黒なシュウシュウを堪能して…

image
駆け回るスミレちゃんに愛を叫んで…

image
まつばを堪能して…
ぺろりんちょ(´Д` )❤︎


image
またも登場ー!!
さっきの子と同じかどうかもまったくわかりませんが!!
かわいいから大丈夫!

image
しかも、今度はしっかりと外へ!
なんてちっちゃいんだ!かわいいぞ!ウワアアア

image
よちよち歩く赤ちゃん。シーちゃんのあとをつけて頑張って歩いたり、シーちゃんを見失うと頑張って鳴いたり。
ガラス越しなのですが、鳴き声が聞こえてきて驚きました。コパンダの鳴き声は、かなり大きく響く声のようです。

このあと3分ほど外で歩き、シーちゃんによりコパンダは強制送還されました(笑)残念!でも、シーちゃん、コパンダくんありがとう!

双子そろって見ることはできませんでしたが、姿を見ることができてラッキーでした(^ ^)


さて、コパンダたちは公開こそされていますが、見られるのは完全にコパンダとシーちゃん次第です。
双子を見たい!という方は…もう少しあとになってから訪問されるのをオススメします(^_^;)


image
コパンダ撮影後は、たっぷりとまつばを堪能させていただきました。
よく考えたら、カメラを新調して初めてのお外まつばなんですよね。
嬉しくてたくさん撮っちゃいました。

久しぶりの日本平、レッサーパンダで充実した1日となりました。

夏仕様に着替えてみる

image
まつば♪
遅くなっちゃったけど、1歳おめでとう〜!
そしてお姉ちゃんだね、おめでとう(^o^)
なんか毛並みもツヤッツヤ〜(^^*)

まつば♀ 2014.7.17 静岡生まれ

image
まつば、成長しました。
すべりだいができるようになったのです。このドヤ顔。
お母ちゃんの上手さにはまだまだかなわないけどね。足のホールドをもっとちゃんとやらないと。

ちなみに姉のミホはすべりだいがあまりできませんでした。途中で落ちそうになって、落ち込んでたなあなんてことを思い出したり。

image
イケメン女子。鼻が低いのはお父様のタクちゃん譲り。


image
リンゴタイムでまつばとタクが交代。
まつばは室内展示、タクは屋内展示に。
暑さのため、シュウシュウはお休みでした。
タクのがっつき…(´Д` )笑

タク♂2010.6.15 埼玉生まれ

image
飼育員さんにガッツリよじ登り爪を立てるタク様。
うん、元気でなにより。
しっぽも綺麗になっていました。
そういえば、4児のパパになったね!おめでとう!

image
バニラちゃんもあっちい。
ロッシーとよく遊んでいました。

image
フジくんも暑さで放心状態。日陰でのんびりしていました。

image
あくびぃ。

image
シロフクロウのハリー&ポッターのヒナ3羽も公開されていました!
もう親と変わらない大きさです(^_^;)
日本平ではシロフクロウの初繁殖となります。

image
おめでとう!


写真はないですが、レッサーパンダ飼育棟の屋外展示にスミレちゃんが出ていました。
ちょっと痩せた感じではありましたが、元気に歩き回ってました。
会えて嬉しかった〜♪


夏の静岡旅第一弾でした(^-^)

いきものウィーク@日本平動物園編

今週も一週間お疲れ様でした(^ ^)

今週のTwitterでは、#いきものウィーク というタグが熱かったですね。
月曜日は #あかちゃん
火曜日は #たべもの
水曜日は #ひみつ
木曜日は #おみやげ
金曜日は #にんきもの
土曜日は #おすすめ
日曜日は #さつえい

それぞれのテーマで、動物園水族館の公式アカウントや動物好きの皆さんが様々な写真をツイートしていらっしゃいました(^ ^)
今日のブログはこれをパクります。
清々しいまでに宣言します。パクります。

しかも日本平動物園バージョンでやらせていただこうではありませんか。


(1)あかちゃん
image
はいドーン!
まつばちゃん!2014.7.17生まれ、ギリギリあかちゃん!
食べる量も体も、もう完全にオトナですけどね。表情はまだ幼げ。看板元気娘でございます。
また、4/10に、ワオキツネザルの赤ちゃんも生まれています。フンボルトペンギンも、雛の姿が確認されたとか。
ペンギンはまだ見られなさそうですが、ワオキツネザルはバッチリ見えます!ぜひご覧になってくださいませ。

(2)たべもの
image
レッサーパンダのりんごタイム♪
タクちゃんです(^ ^)
新年度ですが、りんごタイムは昨年度と変わらず11:20から開始されます。
また、まつばだけは夕飯タイムも見ることができます。リンゴ、サツマイモ、ニンジン、ブドウなど色々なメニューでありますが、まつばが何から食べるかをじっくり観察するのもオススメ♪
最近は、サツマイモはわりと早めに無くなる傾向にあります。芋似合うわー

image
アザラシのお魚タイム♪
毎日15:00より、トレーニングを兼ねたごはんタイムがあります。
左から「ソラくん♪ソウヤくん♪シズちゃーん♪」です。声をかけながら魚を投げてあげるのですが、飼育員さんの言い方がめちゃかわいいです(笑)
ソラくんは旭山動物園生まれ(あざらし館の繁殖第一号!)、ソウヤくんとシズちゃんは稚内生まれと、全員が道産子であります。
この3頭、泳ぎも性格もはっきりと違うので、じっくり観察していただくことをオススメします。
特に、ソラくんはマイペースかつ面白いです(笑)

(3)ひみつ
image
え、またアザラシ?っていう。
アザラシは旭山のパク…いえ、旭山をリスペクトして作った水柱水槽があるの
ですが…撮影するならここのポイントです。
なんでかって、3頭とも、ここでは顔をお客さんに向けるのです。
ちょうど水槽のUターンポイントらしく、顔をこちらに向けて泳ぎ、ガラス面でターンして水柱水槽に向かうのです。
ターンの仕方も、3頭で全然違います。華麗にターンをしていく子、お客さんをチラ見しながらゆっくりターンをする子、ゆーっくり泳ぎながら水槽に体をムニッと押し付けてターンしていく変な子(笑)…どれがどの子のターンなのか、現場で確認してみてくださいね♪

(4)おみやげ
image
動物園協会の売店の新商品、バイソンソフトです!
バイソン舎改修に伴い、群馬サファリパークに引っ越していたマックとモモ。バイソン舎が無事完成し、2人が帰ってきた記念にできた新商品だとか。泣かせるねえ。
そして!なんと!新商品「レッサーパンダキャラメルラテ」も近日販売予定!レッサーパンダのラテアートが施してあるのだそう(^ ^)
また、「フラミンゴオレ」という見た目はパフェのようなソフトクリームも近日販売!試作品を見ましたが、めちゃうまそうでしたよ(‘∀‘ )ワクワク

(5)にんきもの
日本平動物園の人気者はレッサーパンダとホッキョクグマですが、その中でも特に、個人的に(笑)オススメな個体をば(^ ^)
image
まずはレッサーパンダのシーちゃん!かわいい!!かわいいよ!!!
まずね、現在のレッサーパンダ界一の美少女です。誰がなんと言おうと、彼女を超える美しさのレッサーパンダは他にいません。個人的見解とはいえ。
シーちゃんは三保の松原姉妹…ミホとまつばのお母さんです。また、風太とは父親違いの兄妹でもあります。妹ですね。
だからなのかなんなのか、立つのが上手です。
image
なんなのこのかわいさは…。
人工哺育育ちではありますが、ミホとまつばを自分の力で育てた、素晴らしいママでもあります。可愛い顔をしていますが、やんちゃ坊主のペアであるタクを丸め込み(笑)、不思議少女ミホを育て上げ、元気爆発少女まつばの相手もしっかりこなしたシーちゃん…もうね、女としても尊敬します。
ぜひ、シーちゃんの可愛さと魅力に、たくさんの人が気付いて、やられてしまってほしいです(笑)

image
ホッキョクグマのバニラちゃん!
派手な動きのロッシーに隠れがちですが、バニラはめちゃかわいいです。
ロッシーが元気でいられるのはこの子のおかげでしょう。じゃれあったり、おもちゃを取り合ったり、ロッシーのバク転を飛び込みで阻止したり(笑)、素敵な女の子です♪
image
珍しく立ったところをみたのですが、足が短いですね。
image
潰れたところも見ましたが、やはり足が短いですね。

(6)おすすめ
image
イチオシはやはり、13:15から始まるゾウのトレーニング。
シャンティさんのみですが、飼育員さんが入り、シャンティへのトレーニングを行います。
毎日行っているそうで、流れるように進んでいきますが…結構とんでもないことをやってます(笑)ゾウにこんな動きができるのか!とひたすら驚きました。
最後のライドは必見ですよ!!
image
ダンボとシャンティ。
そう、4/25はシャンティの誕生日でした。シャンティの誕生日会にテレビ取材も来ていました。この写真はテレビカメラが気になって鼻をのばすふたりの様子です(笑)

(7)さつえい
では、4/25,26に撮った写真をば(笑)
相変わらずのスマホクオリティですが、日本平動物園の雰囲気が伝わればと思います。

image
サイのタロウ。ランチタイムにて。

image
ジャガーのキコ。

image
レッサーパンダのシーちゃん。お立ち台によくいます。

image
ホッキョクグマのバニラ。この角度が好きです。

image
ジャガーのキコとアラシ。飼育員さんをロックオンしました。

image
レッサーパンダのまつば。ニカッ

image
続けてまつば。高みを目指す女子。

image
レッサーパンダのスミレ。静岡はもう暑いね。

image
マレーバクのヒカル。4/27は世界バクの日です。

image
ゴマフアザラシのソラくん。サバとアジに釘付けです。

image
レッサーパンダのスミレとシュウシュウ。最後のペアリング、最後の日。この2人が一緒になることはもうおそらくないでしょう、ゆっくり観察してきました。

最後にimage
レッサーパンダのシーちゃんで〆

うけし教えは数知らず

立てていた予定をすべて変更して
東京に行ってきました。

2015-02-07-09-03-27

上野動物園です。

2年ほど前に、友人と2回ほど訪問したことがあるのですが、まだレッサーパンダにハマる前だったので、レッサーパンダを見たことを全く覚えておらず…(T_T)
友人に聞くと、そのときはオカピ室内の横にレッサーパンダがいたとのことでした。

今はイソップ橋の近くにいるレッサーパンダ。アンアンとキタロウに会うのは初めてでした。

2015-02-07-09-38-55
これがうわさの黒まゆ(アンアン)と…

2015-02-07-09-39-00
黄まゆ(キタロウ)!

アンアン(杏杏)♀ 2005.7.7 秋田大森山生まれ
→2007.11.13 上野動物園に来園
母:ナナ@大森山
父:健健(ジェンジェン)☆
三つ子兄妹:飲飲(ヤムヤム)♂☆、麻麻(マーマー)♀@広島安佐

キタロウ(黄太郎)♂ 2003.6.26 東京多摩生まれ
→2006.1.10 上野動物園に来園
母:花花(ファンファン)@多摩
父:緑太郎☆
双子兄弟:茶太郎@よこはまズーラシア

アンアンはモコモコですねえ。焦げパンダが好きなので、いつか会いたいと思っていました。念願叶いました(^ ^)
キタロウも、顔がものすごく可愛い。あくび顔を見ることができたのですが、たまらんかったです…。体の毛もアンアンと同じくモコモコ。枝がむにっと毛の中に入って、枝の寝ぐせが体についていました(笑)

2015-02-07-10-24-21
10:30からはデアちゃんのエサやりタイム!
デアちゃんは…たぶん会うのは2回目です。
2年前の夏に、この放飼場に出ていたのがデアちゃんだったかと。暑そうにしていたところを写真に収めました。

この日はそこまで元気よく泳いでいたわけではなかったそうですが、初見の私にはかなり楽しめました。ラッコポーズの脚がたまらんかったです。水中トンネルからデアちゃんを見上げる時間は素晴らしかったです。
ありがとね、デアちゃん!

2015-02-07-12-29-12
私がよくいく園にはいない、ハシビロコウ!
かなり近くで見られたので、至近距離に迫ってしまいました。脚が…こうグワッと…!うおおお…!

写真はありませんが、個人的に好きだったのはマダガスカルのエリア。不忍池のワオキツネザル、フォッサ、アイアイはかなり楽しめました。
アイアイはちょうどごはんタイム。ミカン、柿?ぽいものが枝に刺してありました。そして、メロンまで…!ひええ。

アイアイは、五本指のうち親指以外は鉤爪となっており、特に3本目の中指が長くなっています。これは、硬い果実に歯で穴を開けたあとに削って食べたり、木の中にいる虫をかきだして食べるために発達したとか(ウィキ◯ディアより)。
マダガスカルでは硬い果実が多いのだそう。
…しかし、メロンは柔らかいのに、かじらずに指で果実をかきだしているのには苦笑…^_^;
そこまできたらかじって食べればいいのに!と思うのは、ヒトの身勝手でしょうか(笑)

アイアイは日本だと上野動物園にしかいないそうです。
アイアイの飼育員さんは大変ですね…飼育で困ったことがあったら、誰に相談すればいいのだろうとふと思いました。

ジャイアントパンダのリーリー、シンシンにも会えました(^-^)
人が多かったので遠巻きにしか見られませんでしたが(笑)、外で歩いている姿は初めて見ました。元気でよかったです。



上野動物園って、ご存知の通り、日本で一番最初にできた動物園でして。
動物園ができた当時の明治40年、『動物園唱歌』という歌が作られました。
その歌の歌詞の中で、好きな一節があるんです。

「世に珍しき動物の 生けるモデルを目の当たり うけし教えは数知らず」
(同盟書店『動物園唱歌』、東京大学出版会『日本の動物園』より)

この一節、とても大切な考え方だと思うのです。
自分、ヒトとは違う動物を見ることで、どれだけたくさんのことが学べることか。初めてその動物に出会った感動、魅力を発見した瞬間、こんな体の作りをしているのかという気づき。子どもから大人になっても、忘れることのない記憶となりますし、また大人になってからの学びも非常に面白いものです。

おもしろおかしく見せようとしなくたって、動物はそこにいるだけで魅力的なのです。そこに動物といる時間が、どんなに大切なものなのか、見ているだけでもわかるはずです。


最近は時代の流れなのか、動物を「見せる」ことが動物園に求められているような気がします。
動物の行動を引き起こすためのトレーニングやエサやりタイムは非常に面白いと思います。忙しいなか、様々な工夫で見せてくれる飼育員さんに感謝ですね。

失礼な発言ではありますが、「見せる」ことに無理をする必要はないとも思います。「見せる」ことだけにとらわれてしまうと、動物の安全や体調を見落としてしまう可能性もあります。
たとえ見えにくくなっても、その動物に合わせた環境を作ることの方が、よほど動物を魅力的に見てもらえると思います。アンアンとキタロウを見て、そう思いました。
どうか、2人の安全と安心を守ってほしい。心から願いました。



上野動物園の初心を、想いを、動物園唱歌の一節を見て、感じました。
思うところはいろいろありましたが、きっとこの考え方はいまの上野動物園のそこかしこで生きているはず。
時代の流れに飲まれず、初心を忘れず、初代動物園として堂々とあってほしい、そう思うのでした。

憧れの動物園へ

レッサーパンダを好きになる前からずっと行きたいと思っていた、旭山動物園に行ってきました。
旭山動物園にも、もちろんレッサーパンダがいますね。まずは旭山レッサーずの紹介です。

2014-09-02-20-32-34
こちらは渝渝(ゆうゆう)ちゃん。昨年中国からやってきたチャイナ娘です。金色の毛並みと整った顔立ちが素敵な女の子です。
吊り橋も木登りも大好きなようで、とても元気な子でした♪

3歳と若い子ですが、もうお婿さんがおり、今年本格的にペアリングが行われるそうです。

2014-08-31-16-56-19
渝渝のお婿さんとなる、チャーミンくんです。福井県鯖江生まれ、渝渝のお婿さんとして旭山にやってきました。
こちらは渝渝と比べると赤みを帯びた毛並みであり、目もジト目です(べつに怒ってはいません 笑)。

若いペアのお隣さんには、昨年生まれの女の子とその父がいます。
2014-08-31-11-21-01
お父さんのノノさん。市川にいる美魔女と名高いナミさんの双子の兄です。顔はあんまり似てませんが(笑)、黒系の毛並はそっくりです。

2014-08-31-11-06-54
娘の栄栄(ろんろん)です。旭山レッサーずの看板娘!
体は大きく育っていましたが、毛並はまだまだお子ちゃま。ぽわっぽわ。いたずらっ子そうなチャーミングな表情が素敵な子でした。

栄栄のお母さんの栃さんは、今年13歳にして出産!おめでとう栃さん(/ _ ; )
ということで栃さんと栃っ仔には会えませんでしたが、まあ、次の楽しみにね(笑)

2014-09-05-19-11-16
上からチャーミン。
チャーミンの生まれた鯖江市西山動物園には、今年の2月に訪問しました。そのときは、チャーミンのお父さんのチャタ、お母さんのミンファ(現在は神戸に)、弟のソウソウ、妹のミルキーに会うことができました。また、チャーミンの兄のファファ(川崎)にも、旭山訪問のひと月前に会っています(笑)
美男美女の両親から生まれた子はみな美形で、なぜか体が大きいなあと思いましたが、やはりチャーミンも大きい!チャタ&ミンファの子は、見ていて楽しい子が多いですね(^ ^)


レッサーパンダ舎も楽しみにしていましたが、やはり旭山と言えば、ペンギン館が気になります。
2014-08-31-09-43-35
ペンギンが!空を飛んだ!!
話には聞いていましたし、写真を見たこともあるのですが、やはり実物は圧巻です。すごい。
小さなイワトビも、マイペースなジェンツーも、でっかいキングペンギンもみんな空を飛ぶように泳いでいます。
チャーミンを見ているときにも思いましたが、人間が動物を「見上げる」ってなかなか面白いのです。
何より、動物を「見下ろす」ときよりも、「見上げる」方が動物がリラックスしているように見えるのです。より自然の姿を見ることができて、とてもいいですね。

2014-08-31-09-51-05
レッサーパンダと同じ、白眉族のジェンツーペンギン(笑)最近好きなのです(=゚ω゚)むふ
ガラス越しですが、普通に見学できる陸上のエリアもあります。

そしてアザラシ館にも!
2014-08-31-10-02-24
アザラシきたーーー(°∇°)ーーー!
旭山のアザラシ館は、最近ではおなじみですが、円柱水槽を一番最初に置いた園であったと思います。
なかなか活発で、見学する人が減ることはありませんでした(^^;

2014-08-31-13-35-56
こちらはホッキョクグマ館です。
旭山は、ホッキョクグマ血統登録園です。つまり、日本のホッキョクグマの血統を管理している園ということで、かなりホッキョクグマの展示にも力が入っているなあと思いました。
アザラシの気持ちになって覗くという場所があるのですが、大人用、子供用、さらに車椅子の方用などもあるので、誰でも楽しみながら見学ができますよ(^ ^)

2014-08-31-10-45-04
チャーミン、またね!
時間の都合で、最後までいることはできませんでしたが、ほぼ一日楽しむことができました。

ひとつひとつのエリア、館をじっくり見ていただきたい園であると思いました。
看板ひとつひとつが手作りで、誰にでもわかりやすく、誰にでも楽しめるように工夫が散りばめられている、そんなあたたかい雰囲気が感じられるのです。
じっくり読んで動物のこと、動物を取り巻く環境を理解し、さらにじっくり観察していただきたいなあと思います。


憧れの動物園に行くことができ、本当に楽しかったです。
次はまた冬に!会いに行くよ!
ギャラリー
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加
  • 茶臼山動物園、大人の飼育体験に参加